アイムホーム松尾工務店

家づくりコラム

憧れの平屋~コスト高って本当?なぜ?

スタッフ長吉です。自宅は二階建てですが、個人的に平屋が最高だと思っています。今回は平屋をお考えの方へ、コスト面のお話をしたいと思います。

憧れの平屋、、だけど割高なのです

平屋って憧れないですか?

個人的に屋根がドーンとでかい平屋って住宅の中で一番だと思ってます。

広大な敷地で建ってるとかっこいいんですよ。

えらい現実的な話をすると、

階段の上り下りが無い生活は、自分が高齢になったらとてもいいなと思います。

友人にも平屋好きがいて、

『平屋だったら安く建つんじゃないの?』と質問されました。

私の答えは”割高になるよ”です。

2階建ての2階部分が無くなるから安くできるんじゃないの?と

イメージするかもしれませんが、違います。

確かに2階部分が無くなれば、

2階の重量を受ける構造なんかが減って安くなりそうですよね。

平屋が割高になる理由は大きく2つあります。

わかりやすいようにモデルケースとして

4人家族、大きさは30坪(1階15坪+2階15坪)で比較したいと思います。

理由1:基礎が2倍

まず、平屋と2階建で基礎工事の内容は変わりません 。

4人家族が暮らす 2階建て30坪(1階15坪+2階15坪) を建てる場合、

基礎は15坪。

30坪を平屋にすると、1階部分が30坪になるので、当然基礎も30坪になります。

基礎工事が2倍になる計算です。

しかも、30坪の家+駐車場を考えると、

40~50坪程度の敷地が必要になるのではないでしょうか。

つまり、平屋を立てるには土地も広く欲しいってことになります。

理由2:屋根も2倍

また屋根の面積も広くなります。

単純に2階建ての2倍です。

言い方変えると2階建ては、1階の屋根を別の部分で補っていたんですね。

非常に合理的です。

個人的に大きな屋根は平屋の良さが最大限に出ているところだと思います。

その他のメリット、デメリット

平屋だとどうしても建物の中心部分に日当たりの悪い部屋が出てきます。

同じフロア内にすべての部屋があるので、

中庭を囲むように建てたり、

天窓を取って明かりを入れたいといったひと手間が必要になります。

平屋の廊下に設けられた天窓

風通しが難しくなるような部屋になるケースもあるので

プランの際には悩ましいポイントになりますね。

平屋の方が安くなる項目は、

2階建てほどの強度は必要ないので、

構造を強くするのに必要な部分は減らすこともできます。

階段も無いのでコストカットになります。

ですが、それらをぜんぶひっくるめてもコスト高になるのです。

ですが私は今でも平屋に憧れています。

コスパを考えたら2階建て一択ですなんですけどね。私も2階建てにしました。

もし私に潤沢な資金があれば、間違いなく平屋一択です。

それではまた。

← 家づくりコラム一覧へもどる