アイムホーム松尾工務店

家づくりコラム

バルコニー(ベランダ)は絶対に必要?

工務の光です。新築を建てる際、一般的にはベランダがあるのは当たり前のようにも感じますが、ベランダを設けない場合もあります。使わなさそうだから必要ないのか、はたまたあったほうが良いのか、メリットやデメリットも踏まえた上で判断していきましょう。

バルコニー(ベランダ)のメリット

早速メリットとデメリットを考えていきましょう。

  • 洗濯物・布団などを干すことができる
  • エアコンの室外機を置ける
  • 外観(見た目)としてのアクセント
  • 日射遮蔽効果
  • 息抜きスペース

バルコニー(ベランダ)のデメリット

  • 新築時にコストがかかる
  • 新築時にバルコニー分の面積が取られる
  • 管理(掃除など)が手間
  • メンテナンスの費用がかかる
  • 時期によっての使用頻度

バルコニー(ベランダ)を作る時の注意点は?

①バルコニーの使用目的を明確にする

そもそもなぜバルコニー(ベランダ)を作るのでしょうか?

一般的には、バルコニーの用途ととして「洗濯物を干す」「布団を干す」の2つが挙げられます。

『狭くてもいいから庭的な用途として外に出られる場所がほしい』という用途もあるかもしれませんが、

「洗濯物を干す」「布団を干す」の2つが圧倒的に突出した大きな理由です。

あなた自身の使用用途(目的)をどう捉えるかがポイントです。

実際に生活してみたことを想定して、バルコニーの必要性をジックリと考えてみて下さい。

②バルコニーの使用用途に合わせた広さ

生活してみると「思った以上に狭い」「思った以上に広すぎた」と思わないように

事前にきちんと考えたほうが良いでしょう。

何人分の布団を干すのか

椅子を出してリラックスする空間として使うのか

観葉植物やベランダ菜園などをやりたいのか

使用用途にどれくらい必要で、

自分はどれくらいの広さがあれば不満に思わないかをしっかり考えたほうが良いでしょう。

③日当たりと近隣からの視線も考慮

洗濯物を乾かすのに、日当たりがあまりにも悪いと

「ココに設置したバルコニー、完全に失敗だ…」と思わなくてはいけません。

もちろん近隣の環境にも左右されるところはあるので、

一概に「東面に向ければ陽が当たる」との確証はないですが、

実際に新築住宅を建てる場所の周りを見て、どう陽が当たるかも確認したほうが良いですね。

その上で、近隣からの視線がどう自宅に向けられるのかも注意しながら

バルコニーの設置位置を考えると、後悔しにくいです。

バルコニーに出たら、目の前にお隣さんの大きなリビングの窓が…

とかなってしまうと、バルコニーに出づらくなっちゃうし、洗濯物も干しにくくなっちゃいますからね。

バルコニーは無くても大丈夫か?

実際にバルコニーが無いと困ることとはいったい何でしょうか?

一般的には「洗濯物を干す」「布団を干す」といった用途としてバルコニーは使われます。

洗濯は洗濯乾燥機を使う、

布団は布団乾燥機を使う、

だから外に干すことは今後ありません。

そういうご家庭ならバルコニーは必要ないかもしれませんね。

金銭面という観点で見れば、別の部分に予算を当てることができるようにもなり、

他の部分での満足度が上る可能性にも繋がります。

まとめ

新築住宅を建てる際に、バルコニー(ベランダ)の必要性に関して話してきました。

バルコニーがあったほうがいいのか?

無くてもいいのか?

一概にどれが正解というものは無く、常に「住まれる方の生活スタイルに合ったもの」こそが正解です。

費用や使用用途を、ご自身の生活スタイルに当てはめて、じっくりと考えてみて下さい。

← 家づくりコラム一覧へもどる