アイムホーム松尾工務店

家づくりコラム

玄関の収納とインテリア

コーディネーターの長澤です。今回はお家の“顔”、玄関についてお話します。

玄関収納について

玄関はお客様を迎えるところです。

そのため、お家の顔的な場所です。

もちろん、機能的に収納を充実させることも重要です。

収納と見せ方この2つを合わせて考えると玄関はとても素敵な空間になります。

まず収納は、シューズボックスかシューズクローゼットのどちらか選び靴の収納場所を確保します。

そして空間に余裕があれば、

土間収納スペースを確保してベビーカーなどを収納できれば玄関はスッキリ片付きますね。

さらにもう1つオススメな収納があります。

玄関ホールにクローゼットを用意すると便利です。

外から帰ってきてすぐにコートを脱ぎ、掛けておけばリビングに花粉やウィルスを入れることがなく生活できるので最近はとても好評です。

そこには子供たちのお稽古バックや道具も入れることができます。

この様に適材適所に収納を用意して生活感をうまく隠すことができれば、玄関はいつもスッキリのまま。

玄関をどう飾る?インテリアについて

生活感を隠せばちょっとした小物を置くだけでも玄関を素敵に演出できます。

靴箱の上に小物を置いてフレームを飾ったり、クリスマスツリーなど季節のものを飾るのも楽しいですね。

アクアリウムが好きな方は水槽を玄関に置きライトアップをすると趣味とインテリアを兼ねることもできます。

玄関のインテリアを考えるときに注意をしてもらいたいのはコンセントの位置です。

家づくりの際に玄関回りをどのように演出したいかなどを考えておけば、目立たない位置にコンセントを設定でき、水槽やインテリアライトなどを上手く配置できます。

玄関に飾るスペースがない時などは壁にニッチを作り小物を配置することもできます。

壁の奥行を利用して壁の中に小棚を作ることができます。

ニッチは壁の中を利用するので家の構造上どこでも好きな場所に作ることができないこともあるので注意が必要です。

でも、家づくりのプランの際に先にご希望のニッチの位置を伝えておけばニッチを作る前提での構造を考えてプランニングしてくれることも可能です。

あまりものを置くことがお好みではない方は玄関空間の光をデザインするとそれだけでも空間のイメージは変わります。

特徴のあるデザインの照明器具を付けたり、

集光型のスポットライトを数灯近づけて天井に配置したり、

間接照明を仕込んだりして光をコントロールすると素敵に演出できます。

玄関をそれぞれのご家庭の顔として演出を楽しんで素敵な空間にすると、出かける時も、帰ってきた時もテンションが上がります。

プランニングの際はぜひリビング同様にご自身たちの表現の空間として考えてみるのはいかがでしょうか。

← 家づくりコラム一覧へもどる