アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

収納の高さと場所を考えよう

2021年 06月 10日 (木)

出し入れするのには、どの高さが便利?

モノを出し入れする時、どの高さにあったら出し入れしやすいと思いますか?

普段立ちながら生活している私たちにとって、立った状態で手が届く高さが楽なのです。

一般的に、お腹から胸の高さ(130~140センチぐらいの高さ)が収納の黄金ゾーンと言われています。

身長はみなさんそれぞれですので前後しますが

目安として覚えておいてください。

とはいえ、すべてのモノを黄金ゾーンに収納するのは不可能ですよね。

そこで、使用頻度によって分けるのが大切になります。

モノの使用頻度を考えよう

使用頻度が高いモノほど、

出し入れしやすい場所に優先的に収納していきます。

  • 毎日使う物 →黄金ゾーンへ収納
  • 週に何度か使う物 →屈む、手を伸ばす場所へ収納
  • 月に何度か使う物 →踏み台を使うなど、ワンステップ必要になる場所への収納
  • 年に数回使う物 →階段を上った小屋裏収納や、外の物置など

また、モノの重さも関係してきます。

当然ではありますが、重いものは下へ。軽いものは上へ収納します。

モノの使う頻度と場所の関係がなんとなく想像できましたか?

このように把握しているだけで、毎日の動作や動線の効率化、

モノが迷子になる苛立ちがなくなるノンストレスな日々が送れます。

是非、頭の片隅にメモして整理整頓をする際の効率いい収納ポイントにしてください。

パントリー、本当に必要ですか?

2021年 06月 10日 (木)

パントリーは2種類。入れるものと量によって選びましょう。

パントリーとは…食品や調味料のストックを保管する場所のことです。

洋服の収納には、扉がついたクローゼットと、

中に入って歩くスペースもあるウォークインクローゼットがありますね?

パントリーも同じで、大きく2つの種類があります。

●クローゼットタイプのパントリー

●ウォークイン形式のパントリー

収納したいものや量によって適したパントリーを決めていきます。

あなたは何を収納したいですか?

  • 常温保存可能な食料品・おやつのストック
  • 鍋、フライパンなどの調理器具
  • ホットプレート、ミキサーなどの調理家電
  • 弁当箱やタッパー、水筒
  • 非常用の水や食品の備蓄
  • 日用品のストック
  • 普段使わない皿やコップなど食器類
  • クーラーボックス
  • ゴミ箱

こうやって書き出してみると結構ありますね。

今のキッチンは収納力も上がっているので、

・システムキッチンの引き出しに入れられるもの、

・食器棚に入れられるもの、

を差し引いたものが、パントリーに入れるものになります。

ウォークインタイプのパントリー(当社施工事例)

ではここからは、メリットとデメリットを考えていきます。

パントリーのメリット

パントリーの最大のメリットは、買いだめしてストックできることです。

とにかくキッチンにはモノが溢れがちです。

パントリーに入れておけば、キッチンを広々と使うことができます。

子どものおやつを収納しておけば、

子どもが料理中にキッチン周りをウロウロして危ないという場面も減りますよね。

パントリーが広くとれる場合は、食料品だけでなく、

トイレットペーパーや洗濯洗剤、シャンプーなど、家中のストックを集約させることもできます。

パントリーを見れば一目瞭然なので、在庫管理が簡単ですね。

スペースがあれば、作業棚と椅子を設置するのも便利です。

パソコンを置いたり、ママがちょっと手仕事したりするのに使えます。

そこまでのスペースが無い方は、クローゼット型のパントリーをおすすめします。

扉を開けば見渡せるので、欲しいものがすぐ見つかります。

クローゼット型のパントリー(当社施工事例)

パントリーのデメリット

え?主婦にとってはなくてはならないパントリー、デメリットなんてあるの?

はい、あります。

パントリーのメリットは収納が増えることですが、

裏を返せば収納を作るためのスペースを用意しなければいけないということです。

スペースを確保するには、予算が決まっている場合はどこかのスペースを削らないとなりません。

また、スペースがあることによってモノがどんどん増えてしまい

管理が出来なくなり、いつの缶詰?みたいなのが出てきて結局ロスになるので注意です。

パントリーをおすすめするのはこんな方

  • まとめ買いをよくする
  • 在庫管理が苦手で買い物に行っても買い忘れることがある
  • キッチンをすっきり使いたい
  • キッチンの収納だけではモノが収まりきらなくなることが多々ある

逆に収納するものが少なく、キッチン内で収納できてしまう場合や、

料理をしながら手の届く範囲に物を置いていた方がいいという方には、

パントリーはさほど必要ではないかもしれません。

最後に、、パントリー便利な使い方

棚は可動式にする

収納するものに合わせて棚のサイズを変えられるように、棚は可動式にすると便利です。

せっかくの収納なので、デッドスペースを作ってはもったいないですよ!

スペースだけ確保して、市販のメタルラックなどを使って棚を作る方もいらっしゃいます。

収納する物のサイズに合わせて高さの調節などができ、

後から棚を増やすこともできるので、

使い方が変わったときにも対応しやすいです。

ウォークインタイプのパントリー(当社施工事例)

収納はカゴ&ラベリングでわかりやすく

収納するときは、カゴや箱を使って、奥のものも取り出しやすくしましょう。

取り出しやすいように取手が付いているカゴを使うのもオススメですよ♪

カゴにはラベルを付けて、何が入っているのかわかります。(これ重要)

透明な容器を使うとわかりやすいですね。

また、高いところも届きやすいよう踏み台を置いておくと便利です。

自分がどう使いたいのか考えながら、家族が使いやすいパントリーができるといいですね♪

断捨離!モノにさよならできる3つの質問

2021年 03月 12日 (金)

モノとさよならする」とは?

簡単に言うとモノを捨てるということ

この捨てるという行為自体、苦手な方が多いと思います。

収納について考えているのにモノが溢れているという人は、大抵モノを捨てられない人が多いのではないでしょうか?

  • お金をかけて購入したもの
  • 人からいただいたもの
  • 思い出が詰まったもの

確かに捨てられないですよね。

気持ちはわかります。

ですが、上記にあげたモノたちは、今後も増えていくものだと思いませんか?

ということは、ずっと捨てられないモノが増えていくということです。

考えるだけで恐ろしい…笑

新しいお家になっても増え続けるモノ、そして、さらに捨てられない。

せっかく真剣に収納について考えてもモノが溢れた空間になる。

それでは勿体ない!

家を建てるときが1番のキッカケです!

この時期を逃さないように、モノとさよならしましょう。

「簡単に捨てられないから(さよならできない)困ってるのに・・・」

そう思った方の為に、今回私が3つの問いかけをしてみようと思います。

モノにさよならする3つの質問

1)それを捨てたら、もう一度買いますか?

買うと思ったものは、残しましょう。

買わないと思ったら、もう必要ないです。

頑張ってさよならしましょう。

2)それは何年間使っていませんか?

年に数回使うものなら必要でしょう。

ですが、1年以上使わないものは今後も使う確率が低いです。

頑張ってさよならしましょう。

3)それは欲しい人がいたらあげますか?もしくは売りますか?

あげることができる。

売ることができる。

それは本当に必要なモノではありません。

勇気を持ってさよならしましょう。

この簡単な問いかけをするだけで、今まで捨てることができなかったモノとさよならする一歩になるはずです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

夢にみた新しい家で、すっきり暮らせるチャンスです。

この時期を逃さないで、しっかりとモノと向き合ってから、収納について考えていくことが後悔のない家づくりの一歩になりますよ♬

靴はどこにしまう?シューズボックスとシューズクローゼットの違いって?

2021年 03月 02日 (火)

シューズボックス(靴箱)

一般的には扉付きの箱型の収納です。

中の棚は可動式でヒールやブーツなどに合わせて高さを調整し、家族の人数や持っている靴の数によっても必要な大きさが変わります。

ここで収納のコツは、取り出しやすい位置に日常使いの靴を置いて、上の方には冠婚葬祭などたまにしか登場しない靴を収納しておくと使いやすく、靴が少ない場合はお客様用のスリッパ入れとして使えばホールもスッキリ片付きます。

扉付きなので、埃が付かなく、たとえ収納内が雑多になっていても来客時に見えないという利点があります。

(左:トールタイプ/右:下台のみタイプ)

天井までのトールタイプは、収納量が多く靴を多く持っている方にお勧めです。

特に女性の冬ロングブーツが多いお宅は、下台だけの靴箱は他の家族の靴が入りきれない可能性もあるので、家族の靴の数を把握してから、靴箱のタイプを決めていくと良いと思います。

玄関に写真や鍵を置きたい場合は、上下に分かれるセパレートタイプがお勧めです。

この場合は、上部吊戸が季節外とイベントの靴、下台に日常の靴を入れる様になると思います。

下台上にコンセントをつけておくと、水槽や、クリスマスツリーなどを置いて玄関を演出することができます。

セパレートタイプは天井までのトールタイプより収納量が少なく、一番使いやすい位置(背伸びもかがむこともしなくてよい位置)がオープンになります。

ご家族の優先順位が『取り出し易さと収納量』か『玄関の演出』にあるかにより選択することをお勧めします。

コの字タイプのシューズボックス

トールタイプとセパレートタイプの良いところを取り入を並べて設置するコの字タイプも人気です。

こちらは一台をトールタイプにして収納量を重視、一台をセパレートタイプにして写真や鍵を置くことができます。

玄関の広さにより靴箱のサイズは変わってくると思いますが、片付けと演出の両方を考えながら靴箱のタイプを決めると、玄関の空間が雑多にならずに素敵に演出できます。

シューズクローゼット

こちらは玄関横の土間収納をシューズクローゼットして、オープンの棚に靴やコートを掛けるユニット棚にする方法です。

この場合はメイン玄関ホールともう1つシューズクローゼット内を通る家族用の出入り口を分けておくことをお勧めします。

シューズクローゼットが別にある場合は靴箱を置かなくて良いので玄関ホールはとてもスッキリします。

ユニットでコートハンガーを組み込むこともできるので、土間収納機能と靴収納と両方が一つの空間に構成できます。

シューズクローゼットの入口に扉やロールスクリーンを設置すればお客さんが来る際の目隠しになります。

しかし、靴箱と違い日常の家族だけの出入りの際に都度閉めることは考えにくく、玄関の開け閉めの際に埃が入るため、日々の靴のメンテナンスは必要になります。

広いシューズクローゼットを確保できれば良いのですがそうでない場合も多いのも現実です。

小さいお子さんは狭いシューズクローゼットを通り出入りすることは難しいので、

メインホールで出入りし、結局は靴の出しっぱなしになることも考えられます。

新築し、引っ越しを機会にして子供さんに靴をそろえたりしまったりする習慣を身に着けられるといいですね。

まとめ

この様に玄関の収納だけでもいろいろな構成があります。

玄関は家族以外も入る可能性がある空間なので、なるべくスッキリ片付いた印象が大切です。

ご自身たちがどのくらい靴を持っていて、玄関をどんな印象の空間にしたいかなどを家族で話し合い何を選択していくか決めていくことをオススメします。

片付け上手になるための簡単な方法

2021年 03月 02日 (火)

片付けが苦手な方へ

生活感がまったく無いような綺麗な家に住んでみたい…と思った事は誰だって一度くらいあるんじゃないでしょうか?

しかし、なかなか片付けが出来ない人からすれば、そんなのは遠い夢のような話…笑

現代において「汚部屋おべや」といった言葉が生まれるくらいですから、片付けられない人はそれなりに多くいます。

ということで、片付けが苦手という方へ向けて、以下2点のアクションプランをご紹介します。

  • 片付けることができない人のための簡単な考え方
  • リバウンドをしないための習慣

ぜひ実際に実行してみて下さい。

片付けが出来ない人はコレが出来ない!

物で散らかった部屋を綺麗にすっきりさせたい…と思ったあなたは、まず何からはじめますか?

物入れを買って整理整頓をしたり、棚を取り付けてそこに並べて片付けたり…

それ、やってる気になってるだけで実際は全然進んでいませんよ。笑

じゃあ何をすれば良いのかと言うと、一番はじめにするべきことは「物を捨てる」です。

物をしまう前に、まずは物を捨てましょう。

なぜならすべての容量ははじめから決まっているからです。

クローゼットも棚も…もっと言えば部屋だって…

いやそもそも家自体、容量は(増築などのイレギュラー条件を含めなければ)絶対に絶対に変わりません。

なので入れ物や棚などのモノを購入することは、結局は物が増えて逆効果です…絶対にやめましょう。

もう一度言いますが、一番初めにすることであり一番重要なのは、

まず躊躇せずに物を捨てる作業です。

「物を捨てる」がチャント出来れば片付けは80%終わったようなものです。笑

物でゴチャゴチャな部屋からスッキリ片付いた部屋になれば、体にも心にもいいですよね。

  • 自然と決断力/行動力が身体に染みつく。
  • モノが整理整頓していれば、何かを探す時間は明らかに短縮。
  • 自分にも出来る!と自信が付く。
  • 物が少なくスッキリしていれば掃除が簡単なので、ホコリも減って健康体が維持しやすい。
  • 空きスペースに余裕ができ、家事などが飛躍的にラクに。
  • 使用しないものが無ければ、本当にお気に入りなモノのみを身の回りに置いて、シンプルにそして気持ちの良い生活が送れる。

片付けリバウンドをしないための習慣

せっかく片付いても、リバウンドしてしまったら意味ありませんよね。笑

リバウンドしない為の習慣として、まずはじめに片付けの自分ルールを決めましょう。

オススメとしては、ものすごく簡単な下記の5つです。

■収納する場所を近い場所(ひとかたまり)に

「あれ?どこだっけ?」「あっち?そっち?それともこっちか?」と悩む時間は手間だしムダです。

そうなるとどうなるか。

結局は出すのもしまうのも面倒くさくなって段々とモノが散乱しはじめます。

■毎日使う物には、それ用の置き場所を1つ作る

帰宅後、上着やバッグをソファーに置いていませんか?

動線に合わせてそれ用の置き場作るといいでしょう。

例えば、動線上にある壁やタンスの側面にフックを付けたり。

あとは簡単なバスケットなどを置いて、そこにカギのようなちょっとしたものを入れるとか。

セーターやジーパン等の洗う頻度が低い物を置く場所も確保したいものです。

■非重要なダイレクトメール・ハガキなど

たいして重要でないダイレクトメールやハガキは、長く置きっぱなしになりやすい物のひとつですよね。

置き場を1ヶ所決めて、1ヶ月経っても触らなかったら迷わず捨ててしまいましょう。

1ヶ月ずっと手を付けなければ、間違いなく今後一切使うことのないモノ(つまりただのゴミ)と化します。

ということで、もちろん『ノールック捨て』でOKです。

「これ本当に必要ないかな?」と迷った時点で不必要確定ですから。

本当に無くなったら困るものは、ポストから出した時点でわかるはずですよね。

■子供用オモチャは1軍と2軍に分ける

子供のオモチャって、頻繁に使うものと全然使わなくなったもので別れます。

1軍と2軍の置き場所は子供自身に考えさせると良いです。

ちなみに、1軍・2軍を分ける際に、

「これいる?これいらない?」
「これ使う?これ使わない?」

と子供に聞くと、大半のオモチャに対して

「いる!」「使う!」と答えます。

なので、一つの手として、

「これ好き?好きじゃない?」
「これ楽しい?楽しくない?」

のように聞いてみるのがポイントですね。

■まとめた片付けをしないで少しづつやる

最終的に帳尻を合わせる形でまとめ掃除をやろうとすると、ドンドン散らかっていきます。

後々まとめてやろうと思っていても、様々な誘惑や予定外の急用などで時間が潰れたら片付け・掃除はなかなか進みません。

仮にまとめてやれたとしても、結局やりきれなかった…なんていうリスクもあります。

今日は洗面台だけ。今日はこの棚だけ。今日は机だけ。

今日は5分だけ使ってココだけを…

そんな程度でいいので、毎日少しづつやる習慣を付けてみましょう!

まとめ

ものをチャント捨てる事ができれば、片付けの大半は成功したも同然。

昭和の「物を捨てる=もったいない=物をためる」という考え方は平成で終わりとし、

不必要なものは捨ててスッキリさっぱり晴れやかに、そしてシンプルに生活していきましょう。