アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

階段の間取りはどうする?リビング階段か廊下階段か

2021年 06月 21日 (月)

リビング階段のメリットとデメリット

リビング階段のメリット

リビング階段の一番の特徴は、2階に上がるにはリビングを必ず通るので、

リビングに居ながら、家族の出入りを見守る事ができます。

子供さんが小さい頃は、いつもご両親と一緒なのであまり気にしない事ですが、

思春期になると、だんだん親と顔を合わせる事が嫌になる時期もありますよね。

ご自身でも心当たりがあるのではないでしょうか?

子供さんにしてみれば、リビングを通って上がるので

嫌な時もあると思いますが、ご両親は子供さんの顔が見れるので安心でき、

声も掛けやすくなります。

子供さんだけではなく、お友達を連れて来た時もお友達にも声が掛けやすいのも安心です。

例えば、お母さんが2階にいる子供さんを

下から呼ぶのもリビング階段でしたら声が届きます。

上の気配もわかるので、家族の存在を意識して生活できます。

こういった理由から、子育て世代の方は特にリビング階段を希望される方が多いです。

「ただいま!」「おかえり」家族のコミュニケーションを重視したい方におすすめです(当社施工事例)

リビング階段のデメリット

しかし、リビング階段が良い!というばかりではありません。

家族のスタイルによってはデメリットもあります。

声が届きやすいということは、音が聞こえやすいということです。

家族に生活時間が違う方が居る時は、

リビングでワイワイしていると寝室に聞こえる音が気になる事もあるようです。

また、臭いも上に上がってしまいます。

焼肉や焼き魚など、臭いの強い食事の時は換気をしっかりする必要があります。

そしてよく聞くのは、リビング階段の場合、

2階まで吹き抜けの状態なのでリビングのエアコン効率が悪くなって、

足元が寒いからやめた方が良い!という言葉です。

当社の建てる家のように、気密性が高い場合はその様な心配は無いのですが、

気密性の低いお宅の場合は、下に冷気が入り込む為

暖かい空気が階段から上に上がってしまうのです。

廊下階段について

リビング階段以外となると、

一般的には玄関か廊下に階段を設置することになります。

こちらは、家族の出入りが分かりにくいと言う事で

子供さんのいるお宅では敬遠される事が多いです。

また、廊下用のスペースが必要になるので

他の広さを犠牲にしなければならなくなります。

しかし、リビング階段とは逆に

それぞれの空間がドアで仕切られて独立しているので

お互いに音が聞こえにくくなります。

また、お客さんがリビングに居ても、

そこを通らず出入りができるというメリットがあります。

いいとこ取りのプランもあります。

この2点の良いところをとったプランが、

1度リビングを通ってから、廊下にでて

廊下階段から2階にあがるというプランです。

2階へ行くには必ずリビングを通るプラン

この場合は、家族とのコミュニケーションがとりやすく

階段は廊下にあるので

音や臭いもある程度防ぐ事ができます。

この廊下分のスペースがもったいない!という方は

リビング階段のに引き戸をつけるのもアイディアです。

まだ小さいお子さんがいるご家庭では

お子さんが勝手に階段を上らないように事故防止にもなります。

家づくりはこれが正解!という事は少なく、住む人価値観が重要です。

どのプランも一長一短あるので、

ご家族にとって何が大切かという事を十分に話しあって

選択していく事をおすすめします。

屋根の種類とメリット・デメリット

2021年 06月 21日 (月)

切妻屋根

主な屋根の種類
切妻屋根

切妻屋根は「きりづまやね」と読みます。

一般的にみなさんが思い浮かぶ屋根といえばこの形ではないでしょうか。

■切妻屋根のメリット

シンプルな形状のため、施工費用・メンテナンス費用などが比較的安価に抑えられる屋根と言えるでしょう。

■切妻屋根のデメリット

妻側(外壁が三角に見える面)が雨風や日光に直接的に当たるため、平側(妻側でない面)よりも外壁やシーリング等の劣化が早いことがある、と言えそうです。

太陽光の設置に関しても、東西方向で切妻屋根を設計すると発電効率があまり良くないでしょう。

寄棟屋根

寄棟屋根

寄棟屋根は「よせむねやね」と読みます。

各4方に勾配があるタイプです。

■寄棟屋根のメリット

四方向から寄せて屋根を支え合ってる為、耐風性という意味では一番あるとされています。

実際、嵐や台風などに強い形状で、日本の気候に合っえている屋根ともいえるでしょう。

■寄棟屋根のデメリット

屋根に当たった雨は四方向に分かれて流れていきます。

この時に各面の合わせ部分(「かき合い」と呼ばれるY字の箇所)から雨漏りが発生するリスクがあります。

もちろん「切妻屋根と比較すると」といった意味なので、施工がしっかりしていればまったく問題ありません。

片流れ屋根

片流れ屋根

片流れ屋根は「かたながれやね」と読みます。

勾配が一方向にのみ流れている形状で、切妻屋根を半分にしたような形です。

■片流れ屋根のメリット

一面のみの屋根というシンプルな構造のため、防水としての観点から見ても欠陥としてのリスクは少ないでしょう。

小屋裏としての空間が確保しやすいという利点もあります。

太陽光パネルに関しても、片流れ屋根を南面に向ければ設置しやすくなります。

■片流れ屋根のデメリット

屋根面が一面しかないので、そのたったひとつの面に一気に雨が集中的に当たることになります。

そのため、ひとつの軒樋にすべての雨が集中するので、場合によっては雨水があるれ出てしまうようなケースもあるので注意があ必要です。

切妻屋根の際にも説明しましたが、同じように雨風や筆耕が直接的に当たる部分が大きいので、外壁やシーリングが劣化しやすい場合もあります。

陸屋根

陸屋根

陸屋根は「りくやね」もしくは「ろくやね」と読みます。

勾配がかなり緩めの屋根で、パッと見は屋根の形状がわからく、箱状の家に見えるのも特徴です。

■陸屋根のメリット

勾配のそこそこある一般的な屋根と違って勾配が弱いので、施工・掃除・メンテナンス・補修…などの作業が簡単です。

■陸屋根のデメリット

建築物の構造・断熱材・材質などにもよりますが、夏場に他の屋根よりも最上階が熱くなる場合があります。

最上階の天井のすぐ上に屋根があるような状態なので、直射日光の影響を受けやすい、ということが原因です。

アイムホーム松尾工務店では、遮熱処理と発泡ウレタンの断熱材を採用していることで、温度変化の影響はかなり小さくなっているので、そこまで気にすることではないかもしれません。

長く住まれる住宅だからこそ、

見た目・メリット/デメリット・費用…等など、

ご自身に合った屋根形状を選びましょう!

一級建築士が語る、プラン設計のポイント~柱と壁のバランスと強度

2021年 06月 18日 (金)

前回の記事はこちら

1階はいつも2階を肩車している

木造在来住宅には平屋、2階建て、3階建てがあります。

敷地が広ければ平屋はとても暮らしやすく、とても贅沢ですね。

その中でも、2階建てを選ばれるご家族が圧倒的に多い理由は

家族構成、敷地のサイズ、コスト面から考慮し一番現実的だからです。

建物の希望サイズが敷地サイズを越えているのであれば

3階建てのように上に伸ばしていくことを考えなくてはなりません。

さてここから構造の話になります。

2階建ての建物の1階部分はいつも、いつも2階を肩車しているようなものです。

3階建ての建物の1階部分は

2階と3階を肩車し続けているのです。

どちらの場合も1階部分は「いつも力を使うがんばり屋さん」でないといけません。

そうです。1階部分は力持ちでなくてはならないのです。

プランの考え方の基本を言うなら

「2階の壁の下には1階の壁、柱の下には柱がある。」

構造力学上、これが理想です。

しかしながら、1階と2階の間取りが同じになることは

賃貸住宅以外では基本ありません。

1階の大空間(空洞)の上に2階の区切られた部屋がいくつか乗ってくれば、

壁や梁を補強していく必要があります。

こういった補強をすることにより自由なデザインが可能になるのです。

しかしプランやデザインを優先するあまり、

構造をあまり考えないで「補強さえすれば大丈夫。」

という考え方はあまりお勧めできません。

過度に補強しなくてもバランスの良いデザイン、プランを考えるのが最善です。

壁のバランスについて

壁についても同じです。

壁の量は少ないより多い方が強いことは察しがつきますね。

壁量も大切ですが、更に大切なのはここでも「バランス」の良い配置ということになります。

いくら壁がたくさんあっても

バランスが悪く片寄っていれば強い建物にはならないからです。

以上のことを専門用語では

『柱の直下率』『耐力壁の直下率』と言います。

耐震等級だけ高くても、この『直下率』が低ければ

耐震等級とは別のところから強度に差が出てしまうわけです。

以前のコラム【耐震等級に隠れた地震のワナ】にも書きましたが、

地震のメカニズムについては、

耐震等級という指標が出来た西暦2000年より後に、

多くの事実がわかりつつあります。

『直下率』も大切な指標のひとつなのです。

さぁ、自分でもプランを描いてみましょう!

色々難しいことを書きましたが、最後に。

これから家を建てようと考えている方へ、

ぜひご自分の家の設計プランを描くことをおすすめします。

最初はうまくいかないかもしれませんが、

何回も書き直してみると、自分たちの生活スタイルに合うプランが見えてくると思います。

「1階2階のプランの辻褄が合わない」とか気にせず

どうぞ「夢のプラン作成」を楽しんでみてください。

建築士ではないので、好きなように書き並べて楽しむこと。

それが我が家の「家づくりはじめの一歩」でいいんじゃないでしょうか。

難しいことは私たち建築士に任せて、

ご家族であーだこーだ言いながら(笑)

きっと楽しく、思い出深い

自分たちだけの最高の家づくりが出来ると思います。

まずは、「好き勝手に何でも書いてみる」からはじめましょう。

バルコニー(ベランダ)は絶対に必要?

2021年 06月 18日 (金)

バルコニー(ベランダ)のメリット

早速メリットとデメリットを考えていきましょう。

  • 洗濯物・布団などを干すことができる
  • エアコンの室外機を置ける
  • 外観(見た目)としてのアクセント
  • 日射遮蔽効果
  • 息抜きスペース

バルコニー(ベランダ)のデメリット

  • 新築時にコストがかかる
  • 新築時にバルコニー分の面積が取られる
  • 管理(掃除など)が手間
  • メンテナンスの費用がかかる
  • 時期によっての使用頻度

バルコニー(ベランダ)を作る時の注意点は?

①バルコニーの使用目的を明確にする

そもそもなぜバルコニー(ベランダ)を作るのでしょうか?

一般的には、バルコニーの用途ととして「洗濯物を干す」「布団を干す」の2つが挙げられます。

『狭くてもいいから庭的な用途として外に出られる場所がほしい』という用途もあるかもしれませんが、

「洗濯物を干す」「布団を干す」の2つが圧倒的に突出した大きな理由です。

あなた自身の使用用途(目的)をどう捉えるかがポイントです。

実際に生活してみたことを想定して、バルコニーの必要性をジックリと考えてみて下さい。

②バルコニーの使用用途に合わせた広さ

生活してみると「思った以上に狭い」「思った以上に広すぎた」と思わないように

事前にきちんと考えたほうが良いでしょう。

何人分の布団を干すのか

椅子を出してリラックスする空間として使うのか

観葉植物やベランダ菜園などをやりたいのか

使用用途にどれくらい必要で、

自分はどれくらいの広さがあれば不満に思わないかをしっかり考えたほうが良いでしょう。

③日当たりと近隣からの視線も考慮

洗濯物を乾かすのに、日当たりがあまりにも悪いと

「ココに設置したバルコニー、完全に失敗だ…」と思わなくてはいけません。

もちろん近隣の環境にも左右されるところはあるので、

一概に「東面に向ければ陽が当たる」との確証はないですが、

実際に新築住宅を建てる場所の周りを見て、どう陽が当たるかも確認したほうが良いですね。

その上で、近隣からの視線がどう自宅に向けられるのかも注意しながら

バルコニーの設置位置を考えると、後悔しにくいです。

バルコニーに出たら、目の前にお隣さんの大きなリビングの窓が…

とかなってしまうと、バルコニーに出づらくなっちゃうし、洗濯物も干しにくくなっちゃいますからね。

バルコニーは無くても大丈夫か?

実際にバルコニーが無いと困ることとはいったい何でしょうか?

一般的には「洗濯物を干す」「布団を干す」といった用途としてバルコニーは使われます。

洗濯は洗濯乾燥機を使う、

布団は布団乾燥機を使う、

だから外に干すことは今後ありません。

そういうご家庭ならバルコニーは必要ないかもしれませんね。

金銭面という観点で見れば、別の部分に予算を当てることができるようにもなり、

他の部分での満足度が上る可能性にも繋がります。

まとめ

新築住宅を建てる際に、バルコニー(ベランダ)の必要性に関して話してきました。

バルコニーがあったほうがいいのか?

無くてもいいのか?

一概にどれが正解というものは無く、常に「住まれる方の生活スタイルに合ったもの」こそが正解です。

費用や使用用途を、ご自身の生活スタイルに当てはめて、じっくりと考えてみて下さい。

トイレの位置ってどこがいい?

2021年 06月 08日 (火)

2階にトイレは必要か?

まずは2階のトイレについてです。

「今は1つで不便がないから2階にトイレはいらないよ」

こんな希望をされるお施主さまがいらっしゃいます。

ですが、トイレは、1・2F両方に設定する事をお勧めします。

今はあまり気にならないかもしれませんが、

将来歳をとった時にベットルームと同じ階にないと、

階段の上り下りも大変ですし

寝ぼけて転落する可能性も高くなります。

長い目で考えたら2階にトイレは付けた方がいいです。

2階の主寝室から直接トイレに行けるプラン(当社施工事例)

では、トイレは図面上のどこにプランするのがいいのでしょうか。

一般的に2Fのトイレは各部屋から出て廊下から入ることになると思います。

では、1Fはどこから入るのが良いでしょうか?

廊下があるかないかでトイレの位置は変わる

1Fの場合は間取りによってトイレの位置が変わります。

2F同様に廊下からトイレに入れれば出入りを気にしなくて良いのですが、

プランに廊下の分のスペースが必要になるので、

お家のサイズによりリビングの広さなどに影響する場合もあります。

例えば15坪位の1階のスペースを有効利用する場合、

リビング階段にしてLDKも広く取りたいご希望の場合、

廊下を設定することが難しくなります。

そういった場合、トイレの入り口は

  • リビングから
  • 玄関から
  • 洗面所から

この3つのうちどれかが一般的です。

リビングからトイレ

出入りがはっきり見えたくないからできれば避けたいと思う方が多いです。

そこで、出入りが・・・の意識をなるべく感じさせないようにする為に

トイレの前に柱を数本設置して目隠しをしてあげれば、

リビング内にトイレがある、という印象を和らげる事ができます。

右のドアがトイレ、その奥の空いているドアが洗面室です。リビングと4本の柱でゆるやかに仕切られています。(当社施工事例)

玄関からトイレ

お子さんなど、お出かけ前や帰宅後にトイレを利用することが多いですよね。

そんなご家庭は玄関にトイレを設置するプランがおすすめです。

デメリットとしては、

玄関に来客があった場合、トイレに出入りしにくいです。

しかし、その状況がどのくらいの頻度で起こるのかイメージすると

実際にはそんなにないのかな、とも思います。(これはご家庭によりますね)

もし、お客様が多いお宅でトイレでゆっくりしたいときは2階のトイレを使うようにするのも良いと思います。

洗面所からトイレ

洗面所内にトイレを設置すれば、水回りが集約できお掃除も一気にできそうです。

しかし、洗面所と脱衣室が一緒の空間の場合、

誰かがお風呂に入っている時、洗面所の鍵がかかっていれば

トイレに入ることができなくなります。

その際は2階のトイレを使うようにすれば良いという考えもありますが、

スペース的に余裕があれば、脱衣室と洗面所を分けたプランにして

ドアで仕切っておけばより使い勝手がよさそうです。

洗面室からアクセスするトイレ(当社施工事例)

何を優先するのか、を考えましょう

この様にトイレに関しては、気にするところが人により違います。

ご家族の動線や気にする所が何か?

トイレをくつろぎの場所として必要な場合は

どの位置がゆっくりしていられるか、など

家族の生活スタイルも考え相談をしながら位置を決めていくと

家族にとってストレスのない位置を決められると思います。