アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

一級建築士コラム~自然の力を利用した家づくり②

2021年 09月 14日 (火)

地域ごとの風の流れを把握する

心地良い風を取り入れる。

大切なことは、自然の通風を取り込むことです。

家の中を風が通り抜けると自然な心地良さ、涼しさを感じるとともに、

暖まってしまった熱を家の外に出してくれます。

家の中、部屋の中を風が自然に通り抜ける為には

ただ窓の数を多くすれば良いわけではありません。

その土地にはその土地の風の特性があり

そこを理解し、

風の流れを屋外から室内へと誘導できるような窓の計画が必要です。

効果的な通風を考えた窓の配置

通風に効果的な窓にするためには、

風上(風を取り入れる)側の窓を地面に近い低い位置に設置し、

風下(風の出ていく)側の窓をなるべく高い位置に設置すると良いでしょう。

室内にこもった熱い空気は上の方に徐々に貯まっています。

自然の風を取り入れ

上に貯まっている熱い空気は家の外に排出するのです。

トップライトを設けたり、

階段上部に風の出口になる窓を設けるなど、

高低差を利用した通風計画はとても効果的となります。

敷地周辺の環境もチェック

自然通風には、近隣の環境も少なからず影響を与えます。

住宅が密集している地域では風の流れも変わります。

お隣のエアコンの屋外機の近くに窓を設置してしまうと

風を取り入れる為の窓のはずが

開けることの出来ない明かり取り用の窓になってしまいます。

それらの条件も考慮して効果的な窓の配置を考えましょう。

自然通風の活用は外気温が高い時はNG

今回ご紹介している、自然の風の流れを生かして涼を得る

自然の力(風)を利用した涼しい住まいに必要な条件は、

「日射遮蔽と自然通風」と考え、それらに着目しました。

効果的に窓の配置を考えて



自然通風に関しては、外部気温が高く陽当たりが良い場合は

熱風が室内に入り込むことになってしまう為、

外部気温が26℃~28℃程度を下回る場合に適していると考えられます。

また、冬場には「自然の力を利用した暖かい家」という考え方があります。

暖かい太陽光を取り込み

ここでも自然の力を上手に利用して

温かい家で健康に住む環境をつくる、という考え方です。

また寒い季節になりましたら、お伝えしたいと思います。

一級建築士コラム~自然の力を利用した家づくり①

2021年 09月 13日 (月)

自然の力を利用した涼しい家とは?

地球温暖化が進み続けていることは誰もが知る事実です。

夏の暑さも年々増しています。

夏本番になれば家の中でも熱中症になる恐れがあります。

確実に涼しさを求めるなら冷房をという事になりますが

エアコンがどうしても苦手な人

そんなに冷やさなくてもいい人

そんな方には自然の力を利用した

涼しい家(住まい)という考え方をお薦めしたいと思います。

冷房などに頼りきらず、自然の通風、換気、日射遮蔽、植栽

などの効果によって「夏に涼しく暮らすことのできる家」のことです。

イメージとしては、自然の力を利用して涼しさを得る、

どちらかと言えばパッシブ(受け身)な方法です。

この方法で涼しさを得るにはご自宅の断熱性能が良いことは必須条件となります。

日射遮蔽と通風が2大ポイント

自然の力を最大限利用した涼しい家をお考えであれば

特に気をつけたいのは「日射の遮蔽」対策です。

夏場の日射をいったん家の中に入れてしまうと

外へ逃がすことは非常に難しくなるので

そもそも室内には極力入れない。

屋根、外壁、窓からの日射遮蔽を

最大限カットする方法をご検討ください。

その上で効果的な通風を取り入れ、

不快な暑い熱を逃がすことになります。

以上の二つが「自然の力を利用した涼しい家」の 大きなポイントになります。

窓の日射対策には

外側に 「すだれ」「植栽」「庇」が有効

窓の日射対策として

窓ガラスを遮熱高断熱のLow-Eにすることは必須ですが、

もっと大事なことは窓ガラスに直接強い陽ざしを当てない工夫をすることです。

中でも代表的なものとして

「深い軒」や「庇」

「すだれ」や「植栽」などがあります。

どの方法も建物の外側に設置し

しっかりと強い日射を遮蔽することです。

室内の温度の上昇を防ぐことになります。

また、強い陽ざしを遮蔽する面の位置は

窓のすぐ外側よりも、窓面からなるべく離した

配置がより効果的と言えるでしょう。

室温上昇を抑える効果があるからです。

このように紫外線を出来るだけ取り込まない事が

夏を快適に暮らす工夫の第一歩となります。

次回も引き続き、夏の暑さ対策として「通風」についての 効果的な方法をお伝えしたいと思います。

勝手口は必要ですか?メリットとデメリット

2021年 07月 30日 (金)

勝手口とは?

勝手口とは、玄関ドアや掃き出し窓とは別に設けられた出入り口の事です。

一般的にドアの形をしていて、多くは キッチンに通じるようになっています。

ドアの開閉の軌道スペースがない場合は引き戸の勝手口もあります。

昔は当然のようにプランされた勝手口ですが、最近ではつけないお宅も増えてきました。

(当社のお施主さまの場合、7割の方が勝手口を採用しています。)

キッチン周りの採光や風通しだけを考えると窓だけでも充分ですが、

人が出入り出来るので日常での使い方が分かると便利な出入り口です。

キッチン横のパントリーに勝手口を付けたプラン

勝手口のメリット1~普段の使い方

勝手口がキッチンの近くにあると、毎日生ゴミを外に出す事ができます。

気密性の高い家では、基本的に一年中温度が安定している為、冬でも家の中が暖かいですよね。

ですので、真冬でも生ゴミが家の中にあると臭いが気になります。

そこで、勝手口の横に大きな蓋付きのゴミ箱を置いて、一日の終わりに生ゴミを外のゴミ箱に捨てます。

そしてゴミの日にはそのまま外からゴミ出しをすることができて便利です。

毎日外に出すので家の中に大きなゴミ箱を用意しなくても良くなり、その分、分別ゴミの置き場など別の用途に使えます。

さらに採風のタイプのドアを選べば、ドアを閉めたままで窓のように開けておくことができます。

2階リビングのこのお宅の場合、ゴミ出し専用のミニバルコニーと勝手口を設置

勝手口のメリット2~避難経路にも

以前、あるお施主様は有事には避難経路としても使えるようにと、勝手口を設置したことがあります。

一般的に掃き出し窓(出入り出来る窓)は庭や駐車場などに面して設置することが多いです。

その反対側には 採光、採風の為に腰窓を付けます。

万が一火事や地震などで表から避難できなくなってしまった時に、腰窓を乗り越えて外に出るには高さがありお子さんには難しいでしょう。

勝手口があれば安全に外に出られる避難経路となります。

また、駐車場側に勝手口を設定できれば、買い物の荷物を勝手口から入れられる動線になります。

この様に勝手口は日常での活用と有事の活用とができる、その名の通り「勝手が良い出入口」といえます。

勝手口からウッドデッキにアクセスできるプラン

勝手口のデメリットと注意点

でも、防犯の観点から注意があります。

出入りができる掃き出し窓と同様、勝手口も空き巣の侵入経路になる可能性があります。

夜間や外出時には必ず勝手口の鍵や採風のためのストッパーも確認を忘れずにして下さい。

勝手口は常にしまっているので、意識的に確認しないと忘れがちになるので注意が必要です。

防犯用の砂利を敷いたり、センサーライトを付けるのも効果的です。

防犯の注意点さえ意識できれば、勝手口はとても便利です。

是非プランを考える時には勝手口の必要性を検討してみてください。

ドアは内開き?外開き?

2021年 06月 22日 (火)

室内ドアは内開きに

室内ドアの場合、基本は部屋の内側に開くように設定します。

部屋の内側はプライベート空間で

部屋の外側はその他全員の共有空間と考えた時に

部屋の外側(廊下など)を歩いている時に

急にドアが開けばビックリするし、ちょっと危険かもしれません。

廊下を歩く人は「そこのドアが開くかも?」なんて、

考えながら歩いている人はいないからです。

室内側にドアが開けば、そういった時のリスクはぐっと減少します。

このような考え方がいわゆる標準的な考え方です。

当社施工事例

トイレなど狭い空間は外開きに

トイレのドアはどうでしょう?

もしトイレのドアが内開きだったら

ただでさえ狭い空間に便器が設置されていて

体の逃げ場がなくなってしまいます。

更にはトイレの中で倒れてしまった時など

緊急時にドアを開けるのに苦労して

救助するのに余分な時間がかかってしまうかもしれません。

そういった安全面からみても、中が狭い空間は外開きを採用します。

当社施工事例

おすすめはスライドドア(引き戸)

最後に、1本引き戸(スライドドア)をご紹介します。

片開き戸と異なり、開く時のスペースを必要としないので

開け閉めの際に他の物に干渉することがなく

コンパクトな日本の住宅には適しています。

今の引き戸には床にレールが無いものが主流なので

建具下の戸車にゴミが絡んだりすることも無くなり

お掃除がとっても簡単になりました。

更にソフトクローザーが標準的に付いているので

開ける時も閉める時もショックを和らげてくれ

ゆっくりとスムーズに開閉してくれます。

片開きドアに比べ、引き戸はドアそのものをドア枠から外しやすいので

保安上の点から見れば劣っていますが、

室内の場合は関係ないと言って良いでしょう。

当社施工事例

こうやって適材適所でドアをプランしていきます。

ドアひとつとっても、いろんなタイプがあり

使い易さ、デザイン性

それぞれの特徴をいかして 使うのが良いでしょう。

家が建ちはじめたら必ずチェックしたい!大事な〇〇とは?

2021年 06月 22日 (火)

家づくり後悔ポイントNO.1は..?

後悔しない家づくりのために、

図面上と現場でチェックする必要性についてお話をしています。

前回は、現場に行って確認する時期やポイントをお話しました。

さて今回は、現場へ行って具体的に「何をチェックすればいいの」というお話です。

それはズバリ『コンセントの位置』!

なんとなく、コンセントについて安易に考えている方が多い印象を受けます。

ですが、コンセントの位置が一番、後悔の多いポイントでもあることはご存知ですか?

「コンセントの位置」最終的にいつ確認するのがいい?

答えは:壁ができる前(ボードが貼られる前)です。

工事の順番としては

①電気配線工事

↓↓↓

②外周面の吹付断熱を施工

↓↓↓

③壁(ボード)を貼る

最終的に確認するなら、この③のボード施工の前になります。

壁(ボード)ができる前なら、電気配線の移動や増設をすることがギリギリ可能です。

ただ、当社のように外周面に吹付断熱を施工している場合は

外周面にあるコンセント位置は移動できませんので、事前に慎重な確認が必要になります。

吹付前の電気配線工事の様子

「コンセントの位置」を決めるポイントは?

単純に部屋のどこかにコンセントがあればいいと思っていませんか?

これが落とし穴です!!!

下の5つのポイントに気を付けて考えてみてください。

  • ポイント①:家具の配置の邪魔にならないか?
  • ポイント②:生活同線で必要なものはないか?
  • ポイント③:数は少なくないか?
  • ポイント④:高さは大丈夫?
  • ポイント⑤:特に気をつけたい箇所は?

ざっとですが、5つあげてみました。

このポイントの詳しい説明については、次の記事で詳しく書きますね。

さて、その前に宿題です!

1.家具はどんなものを買いたい?

2.自分たちの今の生活動線を書き出してみよう!

3.キッチン周りや水回りの必要な家電を書き出してみよう!

とりあえずこれを想像して書き出すだけで、

次回の記事でお伝えする内容がすっと頭に入ってくると思います。

まとめ

住宅会社による違いもあると思いますので

参考までに心に止めておいてほしいです。

(現場がスタートしたら変更不可の住宅会社もあります)

一生に一度のお家作り、家が建っていく様子はなかなか見ることが出来ません。

楽しみながら、後悔のないようしていきたいですね。