アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

建築中の現場を見たい!いつ見に行けばいいの?

2021年 06月 21日 (月)

実際に現場に行ってみよう

以前、『図面をしっかり確認する必要性』についてを書きました。

今回は、図面の平面上の物が形としてなっていく時期、

つまり家が上棟して完成するまでの間に

現場に行って確認する時期やポイントについてお話しします。

家が出来上がっていくと、皆さん意外と形になっていくことだけに満足してしまい

大切なことにあとで気付くなんてこともあります。

ポイントとしてどこを抑えていけばいいのか、

以下を読んでいただけたらなと思います。

➀まず、家が建つまでの行程について

家はどんな順番で出来て行くのでしょうか?

  • 1.基礎→家の土台となるコンクリートの床と立ち上がり(壁)を作ります
  • 2.上棟→1日から多いところは数日にわけて家全体が、それぞれの材で建ちます
  • 3.木工事→大工さんが数ヶ月かけて、家の中を仕上げていきます
  • 4.仕上げ→木工事が終わると中の照明や装飾が始まります
  • 5.お引き渡し

簡単に工事が始まり、お引き渡しまではこのように進んでいきます。

期間は、建築会社によって違うとは思いますが長いと約半年ほどかかります。

②現場にいく時期は木工事に入ってから

ではこの時期の中で現場に行って確認するタイミングは??

この工程の中で、家が出来ていく姿や気になる箇所を確認出来る時期は

上の工程の:木工事(大工さんが家の中を仕上げていく時期)になります。

なんで木工事の時期が大事なの?

木工事も数か月と期間が長いけど、いったいいつ行けばいいの?

そんな疑問もお持ちになるでしょう。

以下に木工事の中で行くタイミング・時期のポイントをここからはお伝えしますね♪

ポイント①:壁が出来る前(ボードが貼られる前)

家が建ち始めると、みなさんの意識は不思議と

出来たあとの家具やインテリアに向いていきます。

そのときに下地がほしい、ここに家具を置きたいって思ったときに、

壁が出来る前ならまだ変更がどうにか可能です。

ポイント②:足場が外れる前

外壁が終わり、外周周りが終わると足場を外します。

足場を外してしまいますと、外周周りに関係してくる(高所)ものは変更がきかないので、

ここもタイミング的に現場に出向くといいですね

ポイント③:木工事が終わるとき

木工事が終わると、今まで現場にずっといた大工さんがいなくなります。

その前に、最後の確認として現場にいくといいですね

③それ以外でも気になる時に行ってOK

重要なポイントを3つに分けましたが、

これはあくまでも一般的なポイントになります。

みなさんそれぞれ気になる箇所があると思います。

例えば楽しみにしていたキッチン。

拘ったトイレ空間。

収納箇所に拘った方は収納箇所。

これらも現場に行き実際に目にすることで生活のイメージが湧きますし

何よりテンションが上がります。

いつそれらが出来上がっていくのかは、現場によっても違いますから、

担当の現場監督を頼りにしましょう♪

時期も相談もしっかりのってくれるはずです♪

まとめ

ざっと簡潔に書きました。

建築会社やそれぞれ確認したいポイントはあると思いますので

参考までに心に止めておいてほしいです。

一生に一度のお家作り、家が建っていく様子はなかなか見ることが出来ません。

大切な記念にもなりますので、

ぜひたくさん現場を見に行ってほしいと思います。

難しそうな設計図面でも必ずチェック!どこを見ればいいのかお教えします

2021年 06月 04日 (金)

設計図面をじっくり見たことありますか?

今回は、現場監督としてお客様と接する中で感じていることについてお話ししようと思います。

それは設計図面をどこまでご自身で理解しているかです。

家を建てるにあたって設計図面を施工会社から渡されます。

その際にご自身でも図面に書かれている内容をしっかり理解すること、これが意外と難しいようです。

平面で書かれているものを、頭の中で立体化しなければいけないのですから難しいですよね。

ですが、それが後悔のない家つくりにする大事なポイントなんです!

ちょっと面倒で難しいかもしれませんが、それも含めて家つくりを楽しんでほしいのです。

そうは言っても、何に気を付ければいいの?

現場監督の目線から、図面上において確認してほしいポイントをいくつかあげていきますね。

柱・筋交・間柱

家の構造で必ず必要になるものです。

図面にある記号を確認しましょう。

わからなければ、設計士でも監督でも、なんでもプロに聞いちゃいましょう♪

喜んでご説明します!

柱や筋交等を理解しておくとエアコンの取り付けや、その後の家具の取り付けなどに役に立ちますよ。

これは大体線で示されています。

「壁がここにあるとは思わなかった!」ということがないように確認しておくと安心ですね。

そして、空間を創造する上で必要です。

家具を配置する場所、壁とのバランス、

壁に何か飾りたいものや付けたいものがあれば事前に下地をお願いする。

あとから壁に何でも付けることができるわけではありません。

壁掛けテレビや大きな家具は重量があるので、必ず下地が必要です。

あとからその下地をお願いすると大変な工事になり、また料金が発生します。

ですが、工事の段階でお願いすれば意外とすんなり下地を入れてもらえます。

手間賃や材料費はかかりますが、あとで工事をするよりも安易です。

窓の開口・大きさ

窓がつく位置は確認すると思うのですが、大きさや形は見落としがちかもしれません。

縦の窓か、横の窓か、部屋のどの部分について、大きさはどれぐらいあるのか…

あとでびっくりしないように確認しましょう。

窓の大きさを把握することで家具の高さ決めたり、カーテンの種類を考えたりすることも楽しくなります。

大切なのは、空間を創造すること

松尾工務店では、図面を渡す際にこれらのことを丁寧にお伝えしています。

が。

すべての内容をすぐに理解するのは難しいと思うのです。

そのあとの確認作業として、ここに書いたことを頭の中にいれておいてほしいなと思います。

そして、空間を出来る限り創造する!!

これが図面と家つくりの重要な接点になります。

家づくりは、つくる側とお客様との信頼関係が大切です。

その中でお互いどこまで真剣に家づくりに向き合うことが出来るかが重要になりますよね。

そして、その信頼性の中でわからないことは聞く、疑問に思ったことは聞く、

その中でまた信頼関係が濃くなるのではないでしょうか?

後悔のない家づくりを目指して!

下地補強すべき場所はドコ?新築時に壁の下地補強をオススメする理由

2021年 05月 21日 (金)

何のために下地補強をするのか

木造住宅の壁の多くは、木ではなく石膏ボードでできています。

間柱と呼ばれる骨組みの柱に薄い板を固定して平面を作っていくイメージです。

石膏ボードを貼る作業中

石膏ボードには9.5mm、12.5mmと厚みに種類はありますが、

弊社では壁のボードは12.5mm、天井のボードは9.5mmを使用しています。

この石膏ボードは意外ともろく、穴が空くとそこからボロボロ崩れてしまいます。

一見壁になっていても、間柱のない部分は石膏ボードと空洞もしくは断熱材が入っているだけなので、ビスなどを刺してもしっかりと固定することができません。

何か家具や棚などを固定するには間柱の部分を探す必要があるのです。

そこで、間柱の位置を気にせず好きなところに家具などを設置するために

「下地補強」

を工事中に行うのです。

壁の下地としてベニヤ板などを取り付けて壁を補強することで、

間柱ではない所にもビス留めができるようになります!

この下地補強をしておくと、後々DIYで棚や家具などを壁付する際に

間柱を探す手間、下地センサーや石膏ボードアンカーなどの工具が不要になりますし、

設置場所が希望の場所からずれてしまうということも避けられるのです!

壁の下地補強はオプション扱いになるケースが多いです。

完成してからでは遅いので、補強したい場所はしっかり考えておきましょう!

おススメ①ロールスクリーン用の下地

■リビング階段の登り口

リビング階段で1階と2階を遮るものがないとエアコンの効きが良くないという話をちらほら聞きますよね。

冬場2階からの冷気が降りてくるのを遮断する目的でつける方もいます。

当社の家は高断熱仕様なので、冷気に悩まされることはありませんが、

キッチンの臭いや音の防止として検討してもいいかもしれません。

■収納スペースの仕切りとなる部分

パントリーなどロールスクリーンを設置すれば、来客の際に下げる事で見えないようにできます。

収納扉をつけると建具代がかかります。

建具を減らす事で、予算を少し下げる事ができますね♪

当社施工事例

おススメ②壁掛けテレビ用の下地

リビングダイニングの形的にテレビの位置はだいたい決まります。

絶対壁掛けにしたいわけでなくとも、後から検討する時に選択肢があった方が後悔しません。

テレビ重いですからね〜

それを支えるための下地補強はしっかりしておかないとですからね。

「壁掛けテレビをつけるかもしれない!」と考えている方は下地を入れておくのをオススメします!

※最低でも50インチのテレビでも問題ない大きさで下地を入れてもらうのがいいと思います。

建設中に配線計画まで考えて手配するのがオススメです。

当社施工事例

おススメ③洗面所の下地

■タオル掛け

洗面化粧台の手すりに手ふき用のタオルをかける方も多いでしょう。

トイレとかならペーパーホルダーやタオル掛けを設置するので下地は入れますが、

洗面所のタオル掛けは抜けちゃいますよね・・・

アイアンなどオシャレなものをつけてもかわいいですよ♪

■洗濯機の上

洗濯機の上ってデッドスペースですよね、、

アパートやマンションだと脚付きの棚を置いたりしますよね。

最初から棚を設置してもらうか、下地を入れて後から自分で好きな位置に棚を設置すれば見栄えも良く便利だと思いますよ!

おススメ④玄関スペースの下地

玄関に全身鏡を設置したり、飾り棚を作りたい方などにオススメ。

靴箱に鏡が付いているものを選んでいただいでいれば不要ですが・・・笑

のちのち手すりを設置する・・・というのも有りだと思います。

高さ2000mm、幅600mmの範囲で下地を入れておけばよいと思います。

まとめ

下地を入れておくと後から色々欲しくなる可能性もありますし。

予算などを考えると、希望の場所全てに下地を入れるのは難しいかもしれません。

迷ったらまず大型家具の固定用を優先的に入れておいた方が安心かと思います。

軽いものや細々としたものであれば、下地センサーで間柱を探したり、どこでも下地が作れるキットを使ったりしてDIYすることもできます!

石膏ボードでも使える特殊なアンカーも出ていますよ!!

ちなみに基礎工事が終わって大工工事に入る頃には下地の場所を決定しておかないと間に合わないので、ちょっと早めに検討を始めるのがオススメです!

大工さんへの差し入れって必要?いつ持ってく?何が喜ばれる?

2020年 11月 27日 (金)

大工さんへの差し入れはそもそも必要か否か

まずはじめに、根本的な部分の話となりますが、

そもそも職人さんへの差し入れって必要な事なのでしょうか?

工事現場の事情がまったくわからない方から見れば、

「差し入れを持っていかなかった事で、もし手抜き工事なんかされてしまったらどうしよう…汗」

みたいに思ってしまう方もいるかもしれませんよね。

まず結論から言うと「それは絶対にありえない」の一言に尽きます。

「職人」と呼ばれる人達は、そもそも自分が携わった仕事に対し、誇りを持っている人たちです。

(もちろん人にもよりますが…笑)

自分の仕事に対してチャランポランな職人さんって、まずなかなか居ません。

「その仕事に対する職人さんの価値」というのは、大部分がウデ(上手さ)です。

職人さんは「自分の腕」にもちろん大きな自信があり、

逆に自信のない職人さんはまだまだ半人前として親方の下で修行中というわけです。

つまり、「この大工さんちょっと下手だな~」みたいに素人の方に思われるなんて

「職人としてのプライドが許さない」といった感じです。

なので職人さんたちはどんなことがあっても手を抜いたりは絶対にしません。

職人さんってそういう人達なんです。

それでも、差し入れが一度でもあるとやはり気持ちの部分で少し違うかと思います。笑

大工さんだって人間です。

もしも工事をしている間にお施主様と一度も顔を合わせなければ、

施工という名のただの決まった作業になりかねません。

「このお施主様の為に頑張ってあげよう!」という気持ちはもちろんありますが、

例えほんの一瞬でも、面と向かってお話ができれば、

より一層「このお施主様の為に頑張ってあげたい!」という気持ちが強くなります。

差し入れなんかなくたって120%の気持ちで取り組んでくれますが、

現場でたった一言二言でも直接コミュニケーションが取れれば、

きっと150%くらいになってくれるはずです!

(どんな職人さんも100%以下の気持ちで取り組むことは無いです。)

なので、差し入れを持っていきがてら、

ほんのチョットだけでもいいので職人さんとお話しするのはとってもオススメです!

いわゆる「職人」と呼ばれる人たちって、

一見怖そうな感じに見えても実際に話すとかなり優しくてイイ人がほとんどです。

笑うと意外に可愛いかもしれませんよ。笑

現場への差し入れのタイミング

差し入れのタイミングを下手にハズしてしまうと、

せっかく用意していただいても全然手が付けられないこともあります。

となると、いつ持っていけば職人さんにとってベストタイミングなんでしょうか?

  • 午前中 9:45~10:00頃
  • お昼頃 12:00前後
  • 午後  14:45~15:00頃

職人さんは一般的には10時と15時に休憩を取るので、基本的には上記のような感じです。

もし早めに持っていくのであれば、

「置いておくので好きな時に飲んで(食べて)ください!」

と伝えて置いてきちゃうのも一つの手ですね。

ちなみに頻度としては、数日に1回~週に1回くらいでも充分なくらいです。

たまに毎日用意してくださる方もいらっしゃって、

とてもありがたく嬉しいのですが、

その反面けっこう申し訳なくなっちゃったりもするので、多くても数日に1回でもとっても嬉しいです♪

喜ばれる差し入れ

ハズれない定番としては、やっぱりコーヒーや手軽なちょっとしたお菓子などでしょう。

夏の差し入れ

夏場ですと、キンキンに冷えた飲み物やアイスなどはとっても嬉しいと思います。

炭酸飲料は好まれる傾向にあるかと思います。

暑い夏のチョコレートや水分が持っていかれる乾き物は、やめた方がいいかもしれませんね。

冬の差し入れ

冬場は、手がかじかんで体も冷え切っているので、温かい飲み物が心も体もホッコリさせてくれるのでとても休まります。

肉まんやあんまんのようなホクホク食べられるものも職人さんが喜んでくれるもののひとつですね。

まとめ

今回はお施主様からよく聞かれることの多い、職人さんへの差し入れに関してお伝えしました。

差し入れは必ずしも必要なわけではないですが、

職人さんと少しでもコミュニケーションを取ることができれば、

職人さんもお施主様もどちらも気持ちよく工事が進んでいくかと思います。

差し入れはお施主様の気持ちなので、行けるときだけでも全然OKです!

無理はされないでくださいね。


強面に見える職人さんも、実は全然怖くないので、よかったら話しかけてみてください。

きっと笑顔で答えてくれるはずです!^_^

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

地鎮祭、何を用意する?費用は?

2020年 11月 06日 (金)

地鎮祭の前に準備すること

地域や建築会社によって、お施主様が用意するもの・建築会社が用意するものは違うので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

弊社では、お施主様に地鎮祭の際にご用意していただくものは玉串料(初穂料)のみです。

お供え物・お酒・米・塩、さらには竹・しめ縄・砂なども弊社ですべて用意しております。

もしも上記のモノをお施主様のほうで用意するようになった場合は、概ね以下にまとめてみましたのでご自身でそろえてみて下さい。

お酒

日本酒を1〜2本ほど用意して、のしには「奉献」と書きます。

奉献の下にはお施主様のお名前を書いておきましょう。

お米・塩

お米は、洗ってある「洗米」を使用して下さい。

お米も塩も、必要な分量としては地域や神主によって違うので、建築会社か神主にご相談ください。

お供え物

お供え物は基本的に、「山の幸・海の舞・野の幸」を用意すると良いとされていますが、実際には野菜を数種類ほど用意するだけでも構いません。

例えば、地面上で育つ「きゅうり・ナス・トマト」、さらには地中で育つ「にんじん・だいこん・さつま芋」などを2〜3種類づつそろえるくらいでも良いでしょう。

お供え物に関しても、実際に建築会社か神主に直接確認をしてみることもおすすめします。

地鎮祭にかかる費用

地鎮祭にかかる費用も、地域・神主・建徳会社によって違うことが多いので、要確認しておきましょう。

全国的に見ると、大まかな相場としては3〜5万円くらいと言われています。

弊社では玉串料(初穂料)を一律3万円でご用意していただいております。

弊社で建てられる方は、事前にこちらからお施主様に詳細をアナウンス致しますので、ご安心下さい。

ちなみに弊社では地鎮祭のあとに、近隣の挨拶まわりを弊社とお施主様とでまわります。

その際にもし手土産を用意したりする場合はその分の費用も考えておきましょう。

地鎮祭の後にお供え物やお酒はどうする?

地鎮祭が終わった後に、用意されたお供え物やお酒などはどう扱えばいいんでしょうか。

「渡されたので持って帰ってきた」
「神主さんが持って帰ってしまった」

など色々な話もあるようですが、本来はお供え物もお酒も「出席者がいただく」というのが正式な形となっています。

これは直会(なおらい)といって、神様に捧げたお供え物を出席者が食すことで、神様に近づける御加護を得るという儀式のひとつです。

ぜひ地鎮祭の後にはお供え物をもらって帰り、その日の晩ご飯、もしくは次の日の朝ご飯の中にほんの少しでもお供え物から材料を使ってみてください。

まとめ

今回は地鎮祭の事前準備や費用、そしてお供え物やお酒はどうすればいいのかをお伝えしました。

弊社のお施主様には、地鎮祭に関しての事項は事前にアナウンスさせていただきますので、アイムホームで建てられる方はご安心ください。

地鎮祭は、細かく言えば地域や建築会社で異なる場合もそれなりにあるので、事前の確認は必須です。

人生で1回経験するかしないかの地鎮祭ですので、ぜひ事前準備をバッチリ整えてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。