アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

意外と知らない住宅ローンのお話

2020年 11月 17日 (火)

変動金利か固定金利か。どちらを選べばいい?

住宅ローンと一口で言っても今や5000種類以上もあると言われています。

凄い数ですが、大きく分類すると

「変動金利と固定金利」

たった2つのタイプに分かれます。

一般の銀行、信用金庫などの金融機関が個々に扱っている住宅ローンは

ほとんどが変動金利というタイプになります。

国が管轄する住宅支援機構(旧住宅金融公庫)では、

「フラット35」という固定金利(最も有名な住宅ローン)があります。

変動金利と固定金利。

どちらを選べば良いのか???

とても興味のあるところですね。

そんな気になるところを一緒に見ていきましょう。

借りやすく景気に左右されるのが変動金利

年2回(6ヶ月ごと)に、金利を見直し、

常に最新の金利が反映されるのが変動金利です。

他にも一定期間(3年、5年、10年など)固定金利で定めた期間を過ぎると

金利が変動していくものもあります。

そして、スタートは変動金利から始まり、

途中で固定金利に変更できるミックス型なんてのもあります。

いずれにせよ、金利が変わる時期はそれぞれですが、

次の期間の金利が「何パーセントになるのかわからない」

というのが変動金利の特性です。

金利が変わると毎月支払っている金額はそのままでも

その中身内容(元金と金利の割合)が変わっていきます。

金利が上がれば返済総額は増え、

逆に金利が下がれば返済総額も減るというわけです。

お金を貸す「金融機関側にとってはリスクが低く、お客様は借りやすい」ということが言えるでしょう。

その反面、経済状況の変化、景気が上向きになれば当然金利も大きく変わっていきます。

お客様にとっては「借りやすいのですがリスクもある」と言うことを忘れないでください。

金融機関の窓口などで

「まだまだ金利は上がりそうにないですね。」

そういった声も良く聞きます。

そう思われる方には変動金利も良いのではないでしょうか。

そもそも経済学者でも近い将来の予測すら当てることは困難なわけですから、

「いつ頃金利が上がるのか?」

「どのくらい上がるのか?」

そこを予測することは誰にもわからない。

というのが実情ではないでしょうか。

家賃のように払い続けていくのが固定金利

ローン開始時の金利は変動金利に比べ高く感じると思います。

しかし、変動金利のように景気と連動して支払い額に影響することはありません。

10年程前の金利は今よりも変動で0.8%~、固定で1.2%~くらい高かったと思います。

10年で以外と変化するんですね。

そう感じましたか?

実際には日本銀行の総裁が「量的緩和処置の打ち切りを考えて・・・」

なんて言葉を言ったりすれば、たちまち・・・

半年ほどの間に金利が大きく (たしか、1%ぐらい上昇したと記憶しています) 動いたこともありました。

変動金利を選ばれた方は、そうしたニュースにもある意味、敏感になっていてほしいものです。

逆に固定金利はずっと金利が変わらないので、家賃のように払い続けていく。

将来的にも生活プランは立てやすく、安心して支払っていけるとも言えます。

人それぞれ、家族それぞれ、生活スタイルも考え方も違います。

変動金利はその都度金利が変わるのでローンが終わるまで

いったいいくら払うのかは誰にもわかりません。

固定金利はローン契約を結んだ時に

金額も全て決まりその後、変わることはありません。

どちらが安く済むのかについては

長い住宅ローンを払い終わったところで

ようやく比べられるものとなります。

住宅ローン、お客さまはどちらを選んだのか?

しかし、ここで比べたいのは金額の大きさではなく

将来に向けたリスクではないでしょうか。

例えば3000万円の住宅ローンを借り入れて

変動金利5%、35年で支払っていくには

月々78,000円程の支払額になります。

固定金利1.0%、35年で支払っていくには、

月々85,000万程になります。

毎月7000円の差は大きい額と言えるでしょう。

ここだけ見れば誰もが変動金利に傾きやすいのは明らかです。

しかし、変動金利はいつ上昇するのか?、いくら上がるのか?

というリスクを35年間ずっと背負い続けることにもなります。

もし、将来10年後、15年後に景気が良くなり

金利が上昇すれば「支払額も大きく変わってしまう。」

それは大きなリスクと言えるでしょう。

15年後の景気がどうだ?なんて誰にもわからない。

そのわからない15年後の将来は

「まだ住宅ローンの前半なんです。」

金融機関等ではあまり聞くことが出来ないこんな話も

頭の片隅に置いておいてください。

きっとどこかで役に立つと思います。

それでは実際に、私たちの工務店でこの1年間に家を建てられた

お客様(2020年お引渡し12棟)が

どのように資金調達をされていたのか?についてまとめてみると

変動金利=5棟のお客様

固定金利=5棟のお客様

現金=2棟のお客様

という結果でした。

いろんな意見がありますが、様々な角度から、たくさんのアドバイスをお聞きください。

そしてあなた様ご家族に合った住宅ローンは

どんなタイプなのかを一緒に探していければ幸いです。

家づくりお金の話

2019年 11月 26日 (火)

住宅ローンの選び方を間違えると…

家づくりをスタートする時、ほとんどの方はまず情報を集めますよね。


住宅展示場へ出かけてハウスメーカーの営業マンの話を聞いたり、パンフレットを取り寄せたりして検討を重ねることでしょう。


一生に一度のマイホーム計画だから失敗したくない。そう思うのは当然です。

しかし、ちょっと考えてみてください。

住宅ローンを選ぶときはどうでしょうか?

金融機関の住宅ローン相談窓口や住宅営業マンの提案だけに頼っていませんか?

選ぶ基準は「月々支払っていけるかどうか?」「金利はどこが一番安いのか?」など、

ほとんどの方がこの程度の条件で、

自分の選んだ住宅ローンの本当の内容はほとんど理解せずに組んで(いや、組まされて)いるのが現状です。

「月々支払っていけるかどうか?」

「金利はどこが一番安いのか?」で住宅ローンを選んではいけません。


住宅ローンの選び方1つで将来の人生設計が大きく変わるという事実をしっかりと理解してほしいのです。

坪単価では比較できません

お客さまに「坪単価はいくらですか?」ときかれることがよくあります。

申し訳ありませんが、当社では坪単価ではお答えしていません。

それには理由があります。

まず、坪単価の計算方法が各会社でバラバラだからです。

会社によっては、本来“延床面積”に含まれない、ベランダや吹抜けを含む“施工床面積”で計算するところもあります。

面積が広くなると坪単価が安くなる、というカラクリです。

また、本体価格に含めるものも各社違うので、そのあたりを見極めなければなりません。

家づくりがはじめての方にとってはハードルが高いですよね。

ではどうすればいいのでしょう?

大切なのは「月々の住宅コスト」

当社では「月々の支払額を重要視してください」とお話しています。

つまりは住宅ローン、光熱費、メンテンナンス費用、

すべてまとめて「家にかけるお金」生涯で支払う総額で考えることが大切なのです。

家は建てて終わりではありません。

家での生活を維持するためには、光熱費、住宅ローン金利、修繕費といったコストがかかります。

今、安いだけで選んだ家を建てても、将来のメンテナンスに費用がかさんだり、断熱性能に優れていなければ余分な光熱費も生涯に渡ってかかります。

住宅ローンも選び方次第では金利だけで随分と差が出るんですよ。

こんなに大切なことをぜんぶ無視して、定義のはっきりしない坪単価だけをお伝えすることはできないのです。

毎年、旅行に行ける余裕は必要です

もし、家を建てた後、毎年恒例の家族旅行が出来なくなってしまったらどうでしょう?

(そうでないご家庭はぜひ恒例にしてくださいね!)

家族の楽しみにしているイベントすら我慢しなくてはならないとしたら?

どんなにお洒落で素敵なマイホームを建てたとしても、

そこで暮らすご家族が「好きなことができない」「住宅ローン返済のために家族の時間を犠牲にしなきゃならない」なんてことになったら寂しいですよね。

そうならないためにも、まずは資金計画をしっかりと立てましょう。

当社では、家のプラン設計の前に必ず資金計画を立てます。

そしてお客様が家を建てた後に無理な支払いにならないように、ちょうどいいプランをご提案しています。

費用ばかりかかるオーバースペックなものは、決しておすすめしません。

また、住宅ローンと金利情報に精通したスタッフがいますので、必要な方には、どの住宅ローンがお客様に一番合っているのか、その選び方をアドバイスしています。

紹介手数料など私たちが頂戴することは一切ありません。

ローン審査に通るかどうか不安のある方、実際にローンアウトしてしまった方もどうぞ一度ご相談ください。

一緒に最善の方法を考えましょう。

結論:まず一番最初にやることは?

冒頭で「不安を解消するためには、知ることからはじめましょう」とお話しました。

ご自身で書籍やインターネットで調べてもいいでしょう。

もし、調べてもよくわからない方、手っ取り早く知りたい方は、当社にご相談ください。

資金計画、最初の基本プランは無料で承っております。

毎月開催している「家づくり塾」に参加されるのもおすすめです。

いずれにしても、相談したからといって当社と契約する必要はありません。

また、約束のない電話や訪問などの営業はしていませんので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

多くの方が笑顔いっぱい大満足の家づくりができますように。