アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

収納の高さと場所を考えよう

2021年 06月 10日 (木)

出し入れするのには、どの高さが便利?

モノを出し入れする時、どの高さにあったら出し入れしやすいと思いますか?

普段立ちながら生活している私たちにとって、立った状態で手が届く高さが楽なのです。

一般的に、お腹から胸の高さ(130~140センチぐらいの高さ)が収納の黄金ゾーンと言われています。

身長はみなさんそれぞれですので前後しますが

目安として覚えておいてください。

とはいえ、すべてのモノを黄金ゾーンに収納するのは不可能ですよね。

そこで、使用頻度によって分けるのが大切になります。

モノの使用頻度を考えよう

使用頻度が高いモノほど、

出し入れしやすい場所に優先的に収納していきます。

  • 毎日使う物 →黄金ゾーンへ収納
  • 週に何度か使う物 →屈む、手を伸ばす場所へ収納
  • 月に何度か使う物 →踏み台を使うなど、ワンステップ必要になる場所への収納
  • 年に数回使う物 →階段を上った小屋裏収納や、外の物置など

また、モノの重さも関係してきます。

当然ではありますが、重いものは下へ。軽いものは上へ収納します。

モノの使う頻度と場所の関係がなんとなく想像できましたか?

このように把握しているだけで、毎日の動作や動線の効率化、

モノが迷子になる苛立ちがなくなるノンストレスな日々が送れます。

是非、頭の片隅にメモして整理整頓をする際の効率いい収納ポイントにしてください。

パントリー、本当に必要ですか?

2021年 06月 10日 (木)

パントリーは2種類。入れるものと量によって選びましょう。

パントリーとは…食品や調味料のストックを保管する場所のことです。

洋服の収納には、扉がついたクローゼットと、

中に入って歩くスペースもあるウォークインクローゼットがありますね?

パントリーも同じで、大きく2つの種類があります。

●クローゼットタイプのパントリー

●ウォークイン形式のパントリー

収納したいものや量によって適したパントリーを決めていきます。

あなたは何を収納したいですか?

  • 常温保存可能な食料品・おやつのストック
  • 鍋、フライパンなどの調理器具
  • ホットプレート、ミキサーなどの調理家電
  • 弁当箱やタッパー、水筒
  • 非常用の水や食品の備蓄
  • 日用品のストック
  • 普段使わない皿やコップなど食器類
  • クーラーボックス
  • ゴミ箱

こうやって書き出してみると結構ありますね。

今のキッチンは収納力も上がっているので、

・システムキッチンの引き出しに入れられるもの、

・食器棚に入れられるもの、

を差し引いたものが、パントリーに入れるものになります。

ウォークインタイプのパントリー(当社施工事例)

ではここからは、メリットとデメリットを考えていきます。

パントリーのメリット

パントリーの最大のメリットは、買いだめしてストックできることです。

とにかくキッチンにはモノが溢れがちです。

パントリーに入れておけば、キッチンを広々と使うことができます。

子どものおやつを収納しておけば、

子どもが料理中にキッチン周りをウロウロして危ないという場面も減りますよね。

パントリーが広くとれる場合は、食料品だけでなく、

トイレットペーパーや洗濯洗剤、シャンプーなど、家中のストックを集約させることもできます。

パントリーを見れば一目瞭然なので、在庫管理が簡単ですね。

スペースがあれば、作業棚と椅子を設置するのも便利です。

パソコンを置いたり、ママがちょっと手仕事したりするのに使えます。

そこまでのスペースが無い方は、クローゼット型のパントリーをおすすめします。

扉を開けば見渡せるので、欲しいものがすぐ見つかります。

クローゼット型のパントリー(当社施工事例)

パントリーのデメリット

え?主婦にとってはなくてはならないパントリー、デメリットなんてあるの?

はい、あります。

パントリーのメリットは収納が増えることですが、

裏を返せば収納を作るためのスペースを用意しなければいけないということです。

スペースを確保するには、予算が決まっている場合はどこかのスペースを削らないとなりません。

また、スペースがあることによってモノがどんどん増えてしまい

管理が出来なくなり、いつの缶詰?みたいなのが出てきて結局ロスになるので注意です。

パントリーをおすすめするのはこんな方

  • まとめ買いをよくする
  • 在庫管理が苦手で買い物に行っても買い忘れることがある
  • キッチンをすっきり使いたい
  • キッチンの収納だけではモノが収まりきらなくなることが多々ある

逆に収納するものが少なく、キッチン内で収納できてしまう場合や、

料理をしながら手の届く範囲に物を置いていた方がいいという方には、

パントリーはさほど必要ではないかもしれません。

最後に、、パントリー便利な使い方

棚は可動式にする

収納するものに合わせて棚のサイズを変えられるように、棚は可動式にすると便利です。

せっかくの収納なので、デッドスペースを作ってはもったいないですよ!

スペースだけ確保して、市販のメタルラックなどを使って棚を作る方もいらっしゃいます。

収納する物のサイズに合わせて高さの調節などができ、

後から棚を増やすこともできるので、

使い方が変わったときにも対応しやすいです。

ウォークインタイプのパントリー(当社施工事例)

収納はカゴ&ラベリングでわかりやすく

収納するときは、カゴや箱を使って、奥のものも取り出しやすくしましょう。

取り出しやすいように取手が付いているカゴを使うのもオススメですよ♪

カゴにはラベルを付けて、何が入っているのかわかります。(これ重要)

透明な容器を使うとわかりやすいですね。

また、高いところも届きやすいよう踏み台を置いておくと便利です。

自分がどう使いたいのか考えながら、家族が使いやすいパントリーができるといいですね♪

洗濯は重労働!少しでも楽するために洗濯動線を考えました。

2021年 06月 08日 (火)

なぜ洗濯が大変なのか?理由を探る

まず『洗濯』という作業を細分化して、どの作業が大変だと感じるのかを探っていきましょう。

以下、一般的な選択の作業工程です。

  1. 衣類を洗濯機に入れてスタートボタンを押す
  2. 洗濯機を回し終わったら、濡れた洗濯物を洗濯カゴへ移す
  3. 重い洗濯カゴを干す場所まで運ぶ
  4. カゴから衣類を取り出して、物干し竿に干す
  5. 乾かす
  6. 乾いた洗濯物を取り込む
  7. たたむ
  8. しまう

さて、どのポイントが大変だと感じますか?

ここは個人差があると思いますので、ご自分が大変だと思うポイントを改善できればいいですね。

私にとって面倒なポイントこちら。

干す時の面倒:重い洗濯カゴを干す場所まで運ぶ

理由:マンションなら横移動だからいいけど、戸建てだと2階まで運ぶ?歳とったら大変そう、、、

乾いた後の面倒:たたむ → しまう

理由:シンプルにたたみたくない。

そしてなぜか昔からモノをしまうのが嫌い。家族それぞれの場所にしまうなんてスーパー面倒!

これらの面倒な作業、せっかく新築するんだから少しでも楽になる動線はないものか?

建築士に相談したり、友人に聞いたり、ネットで調べたりしながら、自分なりの正解を探りました。

①干す時の面倒:洗濯は2階に干すか1階に干すか

あなたならどちらに干しますか?

結論として、洗濯機の位置⇔干し場は近い方が便利です。

マンションの時は洗濯機のある洗面室から→→平面移動で→→ベランダに干していました。

思えば、実家も1階の軒先で干していたので階段の上り下りはありませんでした。

そんな私が2階建ての戸建てに暮らすことになった時、

2階までカゴを運ぶのは考えられず

『洗濯物は1階のウッドデッキに干す』この1択でした。

洗濯物を1階に干すメリットとデメリットを考える

【メリット】

階段を上らなくていいので楽。年取ってからも使いやすい。

【デメリット】

(プランによるが)リビングから洗濯物が見える。

道路からも洗濯物が見えやすい。防犯に気を付けないとならない。

家の外(道路)から干した洗濯物が見えるのは心理的に嫌でした。

でも、長い目で見たら2階にカゴ持っていくの方がもっと嫌かも、、、

考えた末、洗濯物が見えないように庭に木を植えることでデメリットを解消することにしました。

私は1階を選択しましたが、多くの方は「絶対2階に干すでしょ!」と思うかもしれませんね。

ではどうしたら良いでしょうか。

  1. 洗濯機を2階に設置する
  2. 階段移動はするものの、なるべく移動距離が短くなるようにプランする

などが考えられます。

洗濯機を2階に設置するのは、買い替え時やメンテンナンス時のことを考えると少しリスクがありそうです。

現実的には②の移動距離を考慮することが良いのではないでしょうか。

②乾いた後の面倒:たたむ→しまうはこれで解決!

乾いた後の作業も、洗濯物を取り込む場所⇔しまう場所が近い方が効率が良いです。

我が家は物干し竿のあるウッドデッキと洗面室がつながっています。

私の帰宅時の洗濯ルーティンは

まず、ウッドデッキに干してある洗濯物を→→洗面室に設置した室内物干し竿に移動、しばらく放置。

手が空いた時に、ハンガーから外して軽くたたみながら(丸めながら?)

同じ洗面室にある収納(無印のポリプロピレンケース)にバンバン入れていきます。

立ちながらどんどん作業していくので雑にはなりますが

効率は非常に良く、私にはピッタリで気に入っています。

大人の衣類はたたまずにハンガーで管理しています。

干したハンガーを、寝る時にそのまま2階のクローゼット持って行き終了。

なんて楽!

子供服に関しては1階に収納した方が便利なので

洗面室の中に設置した無印の衣装ケースに入れています。

もう少し大きくなったら、ハンガー管理にして、

それぞれの部屋に各自持っていくスタイルにしようと思っています。

家事は一生続くものだから積極的に楽しましょう!

繰り返しになりますが、家事を楽にするには

作業を細分化して、どの部分が面倒だと感じるのか。

それを見つけることからスタートすることです。

具体的なポイントが見つかったら、

家族の協力で解決できるのか

家電を購入することが解決できるのか

新築するタイミングであれば、住宅会社のプロに相談しましょう。

間取りで家事動線は確実に楽になりますよ。

ハザードマップを見てみよう

2021年 06月 08日 (火)

ハザードマップとは何か?

ハザードマップとは「被害予測地図」のことで、【災害・天災の被害範囲の想定がわかる地図】ということです。

実際に自然災害の発生時に被害が出るであろう範囲や被害想定の程度などが地図として可視化されたものとなっています。

さらにその中に「避難」に関するものが含まれてもいるので、災害時にはとても役に立ちそうですよね。

ハザードマップは数種類ある?

ハザードマップといっても、一種類だけではありません。

広範囲で起こりえる天災として、

  • 洪水や浸水
  • 津波や高潮
  • 地震
  • 土砂
  • 火山噴火

などの災害が挙げられます。

他にも「防災マップ」というモノもあり、防災マップのほうでは

  • 避難場所
  • 避難経路
  • 防災機関

などが記されています。

>>国土交通省のポータルサイト

↑この上記のリンクからは「重ねるハザードマップ」「わがまちハザードマップ」といった2種類のハザードマップを確認することができます。

※【重ねるハザードマップ】とは

住所を入れると、調査したい場所の「洪水・土砂災害・津波・道路防災」の情報が地図上で確認可能。

※【わが街ハザードマップ】とは

住所を入れると、調査したい市区町村など地域の行政が作っているハザードマップの閲覧が確認可能。

ハザードマップの確認すべきポイントはどこ?

見るべきポイントとしては、「赤くなっている場所」「色の濃い場所」は天災の被害を受ける可能性が大きいかもしれない場所となっています。

川沿いや海沿い、山間部の窪地や谷、…などは一般的に土地の高さが低い地域であることが多いです。

ということもあり、赤く表記されやすい(被害にあいやすい)場所である可能性は、そこまで低くはありません。

土地を購入する前に「地域危険度」を下調べしてみよう

これまで説明してきたことを考えると、土地の購入前にハザードマップを確認しておくことは重要ということがわかったかと思います。

希望の土地があったら、ご自身でも一度調べてみることをおすすめします。

たとえ同じ地域でも、「あそこは川が近い」とか「あそこは地盤がゆるいことが多いみたいだ」みたいな安易な見解だけで判断せずに、ハザードマップを確認して見たほうがいいでしょう。

地域危険度がわかったら災害対策も準備しておこう

ご自身が買おうと検討している土地や、建て替えの場合はその土地が、もし赤い地域だったとしても、それだけで意気消沈してしまわないで下さい。

もちろん自分が考えている地域を、実際にハザードマップを確認してみて「なるほど、この地域は赤くないな〜」といったことだけで満足・安心していたら危険信号です。

しっかりと、災害に対して準備しておくことも考えておきましょう。

まとめ

ハザードマップは、行政のしっかりした調査のもとに作られているので、とても参考になることは間違いないでしょう。

ただ、災害とは常に「考えうるものを上回ってくる可能性が大いにある」ということを忘れてはいけません。

3.11の東日本大震災を誰が予測していたでしょうか。

どんな場所であっても日本に住んでいる以上は「大きい天災の可能性」を常に頭の片隅において準備しておきたいものですね。

玄関の収納とインテリア

2021年 05月 07日 (金)

玄関収納について

玄関はお客様を迎えるところです。

そのため、お家の顔的な場所です。

もちろん、機能的に収納を充実させることも重要です。

収納と見せ方この2つを合わせて考えると玄関はとても素敵な空間になります。

まず収納は、シューズボックスかシューズクローゼットのどちらか選び靴の収納場所を確保します。

そして空間に余裕があれば、

土間収納スペースを確保してベビーカーなどを収納できれば玄関はスッキリ片付きますね。

さらにもう1つオススメな収納があります。

玄関ホールにクローゼットを用意すると便利です。

外から帰ってきてすぐにコートを脱ぎ、掛けておけばリビングに花粉やウィルスを入れることがなく生活できるので最近はとても好評です。

そこには子供たちのお稽古バックや道具も入れることができます。

この様に適材適所に収納を用意して生活感をうまく隠すことができれば、玄関はいつもスッキリのまま。

玄関をどう飾る?インテリアについて

生活感を隠せばちょっとした小物を置くだけでも玄関を素敵に演出できます。

靴箱の上に小物を置いてフレームを飾ったり、クリスマスツリーなど季節のものを飾るのも楽しいですね。

アクアリウムが好きな方は水槽を玄関に置きライトアップをすると趣味とインテリアを兼ねることもできます。

玄関のインテリアを考えるときに注意をしてもらいたいのはコンセントの位置です。

家づくりの際に玄関回りをどのように演出したいかなどを考えておけば、目立たない位置にコンセントを設定でき、水槽やインテリアライトなどを上手く配置できます。

玄関に飾るスペースがない時などは壁にニッチを作り小物を配置することもできます。

壁の奥行を利用して壁の中に小棚を作ることができます。

ニッチは壁の中を利用するので家の構造上どこでも好きな場所に作ることができないこともあるので注意が必要です。

でも、家づくりのプランの際に先にご希望のニッチの位置を伝えておけばニッチを作る前提での構造を考えてプランニングしてくれることも可能です。

あまりものを置くことがお好みではない方は玄関空間の光をデザインするとそれだけでも空間のイメージは変わります。

特徴のあるデザインの照明器具を付けたり、

集光型のスポットライトを数灯近づけて天井に配置したり、

間接照明を仕込んだりして光をコントロールすると素敵に演出できます。

玄関をそれぞれのご家庭の顔として演出を楽しんで素敵な空間にすると、出かける時も、帰ってきた時もテンションが上がります。

プランニングの際はぜひリビング同様にご自身たちの表現の空間として考えてみるのはいかがでしょうか。