アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

私が壁付けキッチンを選んだ理由

2021年 02月 09日 (火)

壁付けキッチンの理由①リビングが狭い

我が家のリビングは18畳とコンパクト。

限られたスペースの中で、何を優先するかを考えました。

私には「どーしても、大きいダイニングテーブルを置きたい!」という希望がありまして。

食事するにしても、何か作業するにしてもテーブルは広い方が使い勝手いいし

広ければ同じテーブルで家族それぞれが違うことをする、例えば

ひとりは本を読みながらコーヒーを飲んで、

ひとりはパソコンで調べものをして、

ひとりは遅い食事をして

ひとりは折り紙を折る….とか

そんな風景がいいなぁ、と。

それでも対面型キッチンと大きなダイニングテーブルはスペース的に叶わず。

どちらかを天秤にかけてダイニングテーブルを優先したのです。

そして今、幅180cmの、

4人家族にしては大き目なダイニングテーブルを置いて生活しています。

テーブルの大きさを優先して良かったです。

子どもが宿題やったり、工作したり

私がミシンをしたり。

多目的に、とても便利に使っています。

写真はイメージです

壁付けキッチンの理由②集中して料理したい

私は料理が好きではありません。

キッチンに立っても何の喜びもありません。

だから、料理は効率重視!

とっとと終わらせたいので家族に背を向け全集中で没頭します。

「おかあさーん」の呼びかけも緊急性のないものであれば

背を向けているのでさりげなくスルーできます。

対面キッチンで家族がゴロゴロしている姿が目に入ると

「私は召使いか!」とイライラしそうなので、

それなら最初から視界に入らないほうがいいです。

これは主にキッチンに立つ人の性格によりますね。

私にはこのスタイルがあっています。

ただし。

子どもが小さいうちは話が変わるかもしれません。

目が行き届く対面キッチンの方がいいと思います。

写真はイメージです

壁付けキッチンの理由④配膳を楽にしたい

すべてにおいて面倒くさがりの私は、配膳の効率も大きなテーマでした。

対面キッチンの場合、お皿をテーブルに配膳するには、、

(1)お皿を持ってキッチンをぐるっと回って配膳。

(2)カウンターに置いて家族の誰かに配膳してもらう。

いつも(2)ができれば良いのですが、

(1)の皿を持ってキッチンをぐるっとまわってテーブルまで運ぶという動作、

1回で済まないので何度も往復しますよね。

この動作が非常に大変そうに思えたのです。

友人宅のキッチンレイアウトが非常に効率的で。

壁付けキッチンに立って、振り向くと大きなダイニングテーブルがあります。

お皿に盛りつけてくるっと振り向いて、はい、配膳完了。

これはいい!真似しよう!と思いました。

ダイニングテーブルを料理の作業台としても使えるしとても便利そうでした。

ただし。

友人はとてもマメな人でして。いつもキッチンがきれいなんです。

超がつくズボラな私。

ごちゃついたキッチンを見ながら食事するのはちょっと、、、。

そこで、打開策。

キッチンの背面に作業台を設置することにしました。

作業カウンターを置いて壁付けキッチンの目隠しに

壁付けキッチンのデメリットで最初に頭に浮かぶのは

キッチンが丸見えになる、ということでしょう。

そこでキッチンとダイニングテーブルの間に

目隠しの役割も兼ねた作業カウンターを設置しました。

今夜使う食材を置いたり、

作りかけのボールやお皿などちょっと置くのに重宝します。

カウンター下は収納になっていてこれも便利に使っています。

作業カウンターを置くことで、

キッチンから振り向いてすぐテーブルに配膳、という形が叶わなくなりました。

とはいえ、

作業カウンターに置いたお皿はすぐ隣のダイニングテーブルに配膳できるので まぁよしとしています。

写真はイメージです

壁付けキッチンまとめ

思えば結婚して賃貸暮らしの時も壁付けキッチンでした。

ひとり暮らしの時も、

実家も、そう。

生まれてからずっと壁付けキッチンしか知らない私。

それで不満に思ったことがなかったので

新居でも抵抗なく壁付けキッチンを選んだのだと思います。

こんな私なので、対面キッチンと比較はできません。

きっと対面キッチンだって使い勝手は良いはずです。

だからこそ皆さんに選ばれているのでしょう。

壁付けか対面、どちらにしようか迷っている方。

どちらが優れているということではなく、

どんな風に使いたいかをイメージして決めてみてください。

個人的には

お子さんが小さいご家庭は対面キッチンをおすすめします。

ある程度お子さんが成長している方や、

料理=作業だ!と割り切って集中したいタイプの方は

壁付けキッチンも選択肢に加えてみてもいいのではないでしょうか?

全館空調って何?電気代は?初期費用は?メリットとデメリットをお教えします

2021年 01月 28日 (木)

自分の家で実証実験をすることにしました

私は今まで数多くのお客様の家づくりに

一級建築士として工務店経営者として携わってきました。

我が家も5年前の1995年12月に完成しました。

自分の家を建てる時には

「自分の家でしか出来ない事をやってみよう」つまり

「お客様の家では出来ない事をやろう」とずっと考えていました。

お客様の家で出来ない事。それは、「実証実験」です。

すごく気になっていて、評判はいいけど実際に使って

もし、「NG」だったら・・・そんなリスクをお客様には勧められない。

自分で試して本当に良かったら自信を持って勧められる。

本物なら是非採用したい。

そう思っていた設備や仕様はいくつかありました。

その中でも全館空調CCFはコストも大きいので特に試してみたかったものでした。

今回は設置して5年間使ってみて肌で感じた体験内容をお伝えします。

全館空調って何?

全館空調室内機
全館空調の室内機

簡単に説明するなら、1台のツインエアコンです。

エアコンなので冬は暖房、夏は冷房として使用出来ます。

1台の室外機に対して1階と2階に各1台づつ室内機が設置されます。

1階は床面に室内機を設置して床下空間全体を暖める為、

床全体が暖められ床暖房のような心地良い空間になります。

2階は天井裏(小屋裏)に室内機を設置し数本のダクトにより

各居室、階段室、廊下、トイレ等に送られ快適な空間を確保してくれます。

暖かさ、涼しさは?

床下空間全体も高断熱化していれば暖まる速度も速く

電源を落とした後も長時間に渡り、快適空間をキープしてくれます。

家中どこにいても温度差が、ほとんど無く室内環境は安定している為

真冬のリビングでも玄関、廊下、洗面所でも快適に過ごすことができます。

夏も同じように、家中どこにいても涼しい環境の為、とても過ごしやすいのですが

夏のトイレの快適さは格別、私のお気に入りの1つです。

このように家中の気温が安定していると

夏も冬もヒートショックから体を守ってくれるといえるでしょう。

1年中、家じゅう、22~23℃にキープ

我家では寒い冬の間も家の中では半袖です。

理由は2つ

1.室温が22~23℃前後にキープされていること。

2.全館空調の場合は特に家中どこにいても気温差がないこと。

全館空調って24時間ずっと使い続ける必要があると思ってませんか?

勿論、24時間365日ずっと使い続けても良いのでしょうが、

私の体験からすればその必要はないと思っています。

「CCFと高気密高断熱の組み合わせに限って」という前提で、

実際に我家で、どのくらいの時間帯(予約タイマー)に使用しているかお話します。

一番寒い時期(1月~2月)の場合です。

【1階】全館空調を可動させている時間

朝5時~7時(2時間)

18時~22時(4時間)

早朝は電気代が1/3(深夜料金)なのでとてもありがたいです。

朝7時に切れてからも暖かさは長時間キープされてます。

夕方になり室温が少しづつ下がり

Tシャツ1枚では「ちょっと寒いかなぁ」と感じめる気温は、20℃ぐらいです。

再びタイマーがON(18時~21時)となります。

【2階】全館空調を可動させている時間

22時~1時(3時間)

就寝が11時頃なので予約タイマーを22時~1時にタイマーセットしています。

朝起きる時までずっと暖かいので

「寒くて布団から出たくない」なんて思ったことは

5年間で1度もありません。

暖かいからこそ、パジャマも布団も夏用のものだけで充分です。

もちろん毛布なども必要ないので

1年中マットレス+シーツと夏用の掛け布団だけを使用しています。

余分な話かもしれませんが、

家族全員の冬用の布団1式の収納スペースが要らないし

「洗う必要もなければ買う必要もない」ということ。

これはなかなかのものですよ。 省エネランク「ウルトラC」そんな感じ!! でしょうか。

月々の電気代はいくら?

今年の夏に全館空調を1ヶ月間24時間フル稼働で

電気代は「いくらぐらい掛かるのか」

について実験してみました。

因みに35坪ぐらいまでは全館空調は1セットですが、

2世帯住宅など広いサイズの家では2セット必要になります。

今回は50坪の家で2セットをフル稼働してみました。

全館空調の電気料金は概ね1.5万円/月程でした。

35坪までの1セットならこの半分ぐらい?ではないでしょうか。

それでも決して安くはありません。

だからこそ、私は時間帯を決めてタイマーセットしています。電気料金を節約しています。

時間帯が短ければ電気代も節約できるのは言うまでもありません。

全館空調の欠点デメリット

●電気料金は安くありません。

しかし、高気密高断熱の家の特性を生かし

時間帯を上手に区切って使用出来れば、

電気代を節約しながら快適な生活を維持できるということもわかりました。

●乾燥します。

高気密高断熱の家の中は乾燥しがちです。

全館空調に限らず暖房を使用すれば更に乾燥していきます。

その為、寝室では加湿器が必須となります。

寝ている間、喉の感想には注意してください。

最近は花粉症対策で洗濯物の室内干しをされる方が増えています。

物干しが出来るランドリースペースを希望されるご家族も増えてきました。

我が家も同じで、基本室内干しをしています。

この場合は乾燥をうまく利用できるので洗濯物の乾きはとても早いです。

同時に室内の加湿にもつながるという点はちょっと嬉しいかも。

●初期費用(設置費)が高いです。

全館空調の価格は決して安くはありません。

ただし、「各部屋全室にエアコンは設置したい」

「LDKには床暖房がほしい」となれば

そう大きな金額差にはなりません。

通常のエアコンと違い各部屋だけでなく、

玄関、廊下、洗面、WCまで

家中すべてをカバーしてくれるので

暮らしやすさをトータルで考えれば

その価値は十分にあるのでは(あくまで私の個人的感想です)ないでしょうか。

最後に、最近はいつも以上に家で過ごす時間が増えていると思います。

家族の団らんを楽しむ為には

寒さ暑さ知らずの快適さは

本当にありがたいものです。

IHとガスを使い比べた話

2020年 11月 19日 (木)

IH 対 ガス~調理対決~

新築になって初めてIHで生活することになり
引っ越して初めて『この鍋使えなかったんだ…』はいい思い出です。

まずは良かった点ですが、、、
火が出ないので安心ってのが大きいですね。
小さいお子さんがいる家庭なら心配事が一つ消えると思います。
火事の原因が一つ少なくなります。

凄く実感しているのが掃除がしやすい事。
調理が終わったらさっと拭けるので気合い入れて掃除することが無くなりました。


ガラス面にそのまま鍋とか置けるので、吹きこぼれたりしたのを
『すぐに拭き掃除』できるんですよ。

アルコールスプレー+キッチンペーパーでポイです。


簡単だから毎日でも『嫌じゃない』→きれいな状態が保てる。
だから毎日の習慣になって『大掃除でやるところが減る』。

後は何と言っても『なんかガスくさい』が無くなったこと。
割と消えないじゃないですか。あの臭い。

心配だったのは『火力不足』。


結論、そこまでスキルの高くない『私には影響ない』レベルです。


むしろお湯とかはメチャクチャ早くわきますよ。
温める面が大きいので効率がいいみたいです。


もしかしたらチャーハンなんかをガンガン鍋振りするレベルの人は
ガスじゃないと不満が出るかもしれません。


後は土鍋が使えません。土鍋でご飯を炊く方はガスをお勧めします。

ただし『グリルは少し火力不足を感じます』。


調理終わるまでに時間が掛かります。
もしかしたら私の使い方が問題かもしれないです。

他の心配としては災害時の復旧ですが、

幸いなことにまだ大きな災害は受けていません。


備えとしては卓上のガスコンロは用意しています。

今までのデータからだと電気の復旧の方が早い傾向にあるみたいです。
ガスはガス漏れの危険をチェックするために時間がかかるようです。

調理器具は『IHが平均タイプ』で『ガスが特化型』ってイメージです。


結論としてどちらにもメリット&デメリット有りますが、

IHで特別に使えないって感じたことは無いです。

IH 対 ガス~給湯対決~

変わって給湯の話です。

IHにする場合、松尾工務店ではエコキュートが多いです。
オール電化ってやつです。理由は月々の支払からガス料金が消えることです。


『エコキュートでの給湯は、お湯を作り置き』しておくシステムです。

我が家もエコキュートを使っています。お湯が切れたことは一度もありません。


あと少しでお湯が無くなるよって機械が教えてくれます。
すぐに作ってくれる機能もあります。


なので突然お湯が無くなって水が出てくるような拷問は無いです。
安心してください。
冬場はキッチン+お風呂で、たくさんお湯を使います。
エコキュートさん使用量に合わせて、お湯を作る量を調整してくれるので凄く賢いです。

欠点は突発的な対応に弱い事でしょうか。

基本作り置きですから、例えば突然他の家族がお風呂を使いに来た場合なんかは、
いつもの量しかお湯が無い場合、当然足りなくなります。


お湯出来るまでちょっと待ってもらう必要が出てくる場合があるのは弱点ではあります。

後は設置スペースを取ることです。(70cm角の2m弱の高さです)


お湯をためる貯湯タンクを設置しますので、敷地に目一杯建物建てたい場合は、『タンクがすごく邪魔』です。


実は邪魔なタンクにも付加価値があって、災害時に水のタンクになるんですよ。

(飲み水には適さないですが)


電気来てなくても水は出すことができるので万が一には安心です。
手を洗ったりするのに使えるんじゃないかと。


オプションにはなりますが、薄いタイプのタンクもあります。


ガスの場合ですと給湯器を壁につけるだけです。
凄く省スペース。

ガスだけの特権もありますが~まとめ

余談ですが。

ガスはガスストーブって技があるんですよ。


灯油の代わりにガス栓でOKです。つまり灯油を買いに行く必要は無い。
ストーブ民にとっては冬に外に出なくていいのは大きいです。

さらにはガス乾燥機ですね。
人気の幹太くんを導入できるというメリットもあります。

総括するとどっちが良くて、どっちが優れてるなんてことはありません。


どっちでも快適な生活は出来ます。


なので、選ぶときは完全に好みです。好きな方で良いですよ。

それではまた。

快適な家づくりとは?

2020年 08月 03日 (月)

快適とは?

いよいよ今年も暑い夏のシーズンがやってきました。

気温が高いと体力も気力も奪われとても疲れます。

何とかならないの?毎年そう思いますが、

「夏は暑くて、冬は寒い。あたり前だ」と、昔よく祖父に言われていたことを思い出します。

快適とは?について少しお話したいと思います。

快適と感じるのはどんな時でしょうか。

人それぞれのライフスタイルを持っているので感じ方もそれぞれ違いはあるでしょう。

夏本番のこの時期、日中の気温はグイグイ上がり、30度を越える真夏日が連日続いています。

吹き出す汗をタオルで拭いながらお仕事をされている方も大勢いらっしゃるでしょう。

家づくりの現場で働く職人さんたちに比べれば、私の汗など何でもない量だと思います。

普段から自分の身を置く環境により満足度も当然違ってくるのでしょう。

人は様々な状況下で、徐々に順応し慣れていくものですが、

長く続けば体のあちこちにストレスを感じ始め、

その結果

「ひどく疲れる」

「食欲が薄れる」

「一晩寝ても・・・」

など体調を崩しやすく、注意が必要です。

これは、夏の暑い時期も、冬の寒い時期も同じです。

それでは快適とは?

「○○が凄くいいね」とか

「エアコン効いてて涼し~」とか

「床暖房でホッカホカだね」など、

そういった感じる満足ではなく

むしろその逆で、

気持ちいいとも感じない、ストレスも感じない

「何も感じない満足」こそが

本当の意味での快適と言える気がします。

例えば冬の寒い日、

帰宅し玄関を開けると冷えた体全体にジワーと暖かさを感じ、

心地良い気持ちになります。

上着を脱いで、家の中では薄着でいても

「寒くもない」

「暖かくもない」

フローリングの上も裸足で、

「冷たくない」

「暖かくもない」

ちょうど良い感じ。

これが快適っていうんじゃないかなぁ。5年前に自分の家を建ててから、そう思うようになりました。

ストレスフリーなちょうど良さ

私は以前から熱帯魚を趣味で飼っています。

なぜ、ここで熱帯魚なのかというと・・・、

熱帯魚は冷たい水の中でも

暖かすぎる水の中でも生きていけません。

アクアリュウムの適温は20度~25度なんので、

冬はヒーター、夏はクーラーで水温調整することが望ましいんです。

実際、前の家では「贅沢なやつらだ」と言いながら育てていました。

しかし、家の温度が安定していると、

年間を通して20度~25度でいてくれると

アクアリュウムのヒーターもクーラーもいらなくなるんです。

この画像のほとんどの魚は我が家で生まれた子たちです。

環境が良くなければ子供は生まれにくいし、生まれても育ちません。

ストレスフリーが大切なことは人も魚も同じなんですね。

住まいの環境がいかに大切なのかが良くわかります。

このように、春先のちょうど良いストレスフリーのシーズンが

家の中でずっと続くとしたら、

玄関、トイレ、お風呂でも、どこにいても心地良いのならば

慢性化している冷え性を持つ奥様にもきっと効果があるはずです。

そんな家こそが健康もエコも含めて、

快適と言えるんじゃないでしょうか。

私たち家族が全館空調を選ぶまで

2019年 11月 26日 (火)

確かに初期費用はかかるけれど…?

寒い冬も、毎朝家族の誰よりも早起きして家のことをしてくれたのは母でした。

母は真冬の冷えた朝でも、体を丸めながら冷たい床の上でストーブのスイッチを入れ、手をこすりながら家族のために朝食の支度をしてくれていたのをいまでも覚えています。

毎年冬が来ると、何とかしてあげたいなと、ずっと感じていました。

自宅を建てる時には絶対に床暖房を、そしてヒートショックのない全館空調(1台のエアコンで家中すべてを快適にする)を入れたいと思っていました。

正直、全館空調となれば初期コストがかかります。

35坪~40坪ぐらいの家で実施すると、約150万円です。

家づくりを含め、安い買い物ではないため、じっくり話し、悩み、私たち家族は結論を出しました。

良く考えると、寝室と2つの子供部屋、そしてLDKにエアコンを設置した場合、

安物のエアコンでなければ4台で60万円程度。

1階の主要部分に床暖房を設置すれば、さらに70万円くらいかかるため、「合わせてみれば大差ないのか」というのが、私たち家族の正直な気持ちでした。

「冬は床暖」「夏は床冷」そんなちょっと聞き慣れない言葉にも興味を惹かれ、

資料を集め本気で検討することになりました。

調べていくうちに、省エネ空調は設置方法と使い方を工夫すれば、電気代はあまり気にしなくてもよいことを知りました。

全館空調導入後の電気代は、本当に安いのか?

12月に引っ越し新年を迎えることができ、待ちに待った中部電力からの「電気代のお知らせ」が届きました。

正直に言うと、実際に請求書が届くまで電気代が不安でした。

しかしその請求金額をみて家族で「にっこり」うれしい笑顔に。

賃貸住宅で暮らしていたときの光熱費よりもずっと安くなっていたのです。

太陽光発電システムのおかげもあり、

今までの光熱費と比べれば30%以上の節約ができ、とても経済的で喜んでいます。

そのおかげで月1回だった家族の外食は確実に増え、これまた楽しみで笑顔になります。

しかし、もっとうれしかったのは、母が毎朝、スリッパも履かずに「笑顔」で朝の支度をしていることです。

就寝前に空調は切っていますが、この家は断熱基準が高く、朝まで快適さをキープしてくれます。

この家に来てからは冬のフカフカのパジャマは半袖Tシャツに替わりました。

家族全員、笑顔で朝を迎えられる。

そしてヒートショックのない優しい家で、ずっと元気に暮らせることに感謝しています。

全館空調をお考えの方へ

ここ数年の猛暑と寒波を繰り返す日本の厳しい気候のせいか、全館空調のお問い合わせが増えてきました。

「全館空調ってどれだけ快適なの?」

「電気代って具体的にいくらくらいかかるの?」

家づくりは、「イニシャルコスト」と「ランニングコスト」の両方を考えて、生活を見据えたプランニングがとても大切です。

全館空調についてもっと知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

ご希望の方は、実際に体感していただけます。