アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

高気密・高断熱+創エネ(太陽光)の話

2021年 08月 02日 (月)

高気密・高断熱=少ないエネルギーで暮らす

以前、静岡市における高気密・高断熱の家の話をしました。

今回は、その続きになります。

高気密高断熱ってキーワードは脱炭素と関係性があります。

脱炭素を乱暴にまとめると「少ないエネルギーで生きていこう」って解釈しています。

本来であれば二酸化炭素の排出を~から始めるべきでしょうけど、

自分たちにも出来るところは省エネだと思います。

住宅では『少ないエネルギーで生活≒高気密高断熱でロスを少なく』が一つの回答になると思います。

隙間風が入ってくる家と入ってこない家が同じ広さだったら、どっちがエアコン効くかは想像できますよね。

地下室とか洞窟って外の気温があんまり関係ないイメージありませんか?

やっぱり高気密&高断熱は少ないエネルギーで生活するのに向いていると思います。

同時にエネルギーを自分で作って生活する=少ないエネルギーで生活、

いわゆる創エネについてお伝えしようと思います。

創エネ(太陽光発電)の初期費用とランニングコスト

正直な話、創エネに予算を回すのは難しい方が多いと思います。

仮に150万円分の予算があったら、

より理想の土地にしたり、

理想のプランにしたり、理想の設備にしたり、家具家電を買い替えたり

家づくりの選択肢は本当に多いと思います。

太陽光と聞くとどうしてもお得なのかが先頭に来てしまい、

今は電力の買取価格が下がっているからお得じゃないとか、

ランニングコストがかかるとか、投資の考え方がほとんどだと思います。

私も同じでした。

何年で費用回収できるかシミュレートしました。

正直、環境の為に設置しましたって言えないです。

太陽光を設置するのに必要な価格は、kW当たり28万円が平均的な価格※ですから、

仮に5kWとしたら140万円ですよ。

立派な金額です。

( ※ 平均的な価格:調達価格等算定委員会 経済産業省の配布資料より)

binary comment

太陽光発電、電気の使い方

その他のメリットとして、停電しても電気が使えるとかありますが、

停電するときって割と天気悪いんですよ。

天気悪いと太陽光の場合、発電できないんですよ。

大きな地震で停電が続いたなんて時には太陽が出ている間は活躍できます。

普段使いは、昼間の電力を賄う使い方が良いんじゃないでしょうか。

コロナで働き方が変わり、昼間自宅にいるから電気代が増えたって方には

太陽光が発電してくれると昼間の電気代気にしなくて良いってなります。

太陽光発電、今後の動向について

環境相のコメントで設置が義務化の流れになれば大幅な補助金や、

将来的に太陽光等の創エネ設備がついているのが当たり前の世界が来るのかもしれません。

現状、議論しているようです。

国の目標である脱炭素に貢献する内容なので今後に注目ですね。

あまり知られてない気を付けたいポイントは、

屋根のパネルに反射された日光が他の家を照らしてしまうがあります。

あとちなみに新築時の方が安く設置できます。

これだけは、はっきりわかります。

屋根接地の場合、足場代、電気工事代は新築の工事中に作業できますからね。

まとめ

まとめると、高気密高断熱の建物は今後標準になっていくと思います。

政府が推進していますから、この流れは続いていくと思います。

個人の考えですが、必要かどうかは建てる人の考え方によると思います。

創エネも同じです。

ただし、リフォームで後から付けようってのは余分な費用が発生しますので、

十分に検討するのが良いと思います。

それではまた。

注文住宅、建てて後悔していること5つ教えます

2021年 06月 22日 (火)

後悔ポイント★★★★★ 電動シャッター

今思えば、本当に付けとけばよかったと後悔しています。。

大体、シャッターついている窓って大きいんですよ。

毎朝毎夕のことですから、結構重労働です。年取ればなおさら。

お施主さまでも「シャッター閉めてない」という方、結構いらっしゃいます。

冬場は特につらいです。シャッター開けるたびに寒い外気にさらされます。

電動はそんな心配無用です。

優雅にボタン押すだけで、シャッターが開きます。

後悔ポイント★★★★★ 外構工事

草むしりが本当に大変。

全然草無くならないんですよ。

砂利を引くのではなく、土間コンクリートをしっかりやるべきでした。

土間コンクリートはDIYではほぼ無理ですからね。

除草剤撒き続けるの考えたらコンクリート打っとけばよかった。

画像はイメージです

後悔ポイント★★★☆☆ 2階にシャッター

松尾工務店の標準サッシが風速51m/sに耐えられる性能です。

※参考:走行中のトラックが転倒するほどの猛烈な台風(平均30~40m/s)

それでも充分なのですが、

最近の台風被害のニュースを見ていると

シャッターを付けておけば、より安全だったな、、と後悔してます。

シャッターがあれば何かが飛んできたとしても少し安心ですからね。

付けるならもちろん電動です。

後悔ポイント★☆☆☆☆ スイッチ、コンセントの位置

建築前に想像していた使い方と違う使い方をしているので

スイッチの位置が使いづらいです。

これはそもそもプランを考える段階で

スペシャルな位置で付けてしまったので、仕方ない事です。

自分が動いてスイッチを押せばいいだけなので、

特にお金を掛けて直したいわけでもなく、

でも、スイッチ押すたびに「あぁ~」と思っています。

後悔ポイント★☆☆☆☆ 玄関のスマートキー、リモコンキー

絶対に合った方が便利です!!!

鍵回すの本当に面倒。

毎日2カ所のカギを回さなきゃいけないんですよ。

冬場は静電気凄いし。

ピッってやったら終わるんですよ。便利すぎるでしょ。

まとめ

クロスの切り替え位置だとか、細かいことを考えれば色々あります。

でもこれって不満では無く、もっと良くなってたなぁと感じるポイントです。

で、後悔してることって建てた後でも大抵お金で何とかなります。

ただ、後で工事すると新築時よりも割高になります。

一度完成しているところを壊して作り直すんですから

そこは手間がかかるためです。

新築時は限られた資金の中で選んでいるので、

その時に判断したことは後悔してないですが、

後から「こんなに便利だったんだ!」と知ってしまうと欲しくなりますね。

ちなみに一番つけてよかったのは、FIX窓と呼ばれる開かない窓です。

特に地窓です。(床についている窓)

外の光を入れるためだけのものですが、

これがあるお陰でリビングが明るいです。

これは諦めずにつけて良かったなーと思っています。

私が壁付けキッチンを選んだ理由

2021年 02月 09日 (火)

壁付けキッチンの理由①リビングが狭い

我が家のリビングは18畳とコンパクト。

限られたスペースの中で、何を優先するかを考えました。

私には「どーしても、大きいダイニングテーブルを置きたい!」という希望がありまして。

食事するにしても、何か作業するにしてもテーブルは広い方が使い勝手いいし

広ければ同じテーブルで家族それぞれが違うことをする、例えば

ひとりは本を読みながらコーヒーを飲んで、

ひとりはパソコンで調べものをして、

ひとりは遅い食事をして

ひとりは折り紙を折る….とか

そんな風景がいいなぁ、と。

それでも対面型キッチンと大きなダイニングテーブルはスペース的に叶わず。

どちらかを天秤にかけてダイニングテーブルを優先したのです。

そして今、幅180cmの、

4人家族にしては大き目なダイニングテーブルを置いて生活しています。

テーブルの大きさを優先して良かったです。

子どもが宿題やったり、工作したり

私がミシンをしたり。

多目的に、とても便利に使っています。

写真はイメージです

壁付けキッチンの理由②集中して料理したい

私は料理が好きではありません。

キッチンに立っても何の喜びもありません。

だから、料理は効率重視!

とっとと終わらせたいので家族に背を向け全集中で没頭します。

「おかあさーん」の呼びかけも緊急性のないものであれば

背を向けているのでさりげなくスルーできます。

対面キッチンで家族がゴロゴロしている姿が目に入ると

「私は召使いか!」とイライラしそうなので、

それなら最初から視界に入らないほうがいいです。

これは主にキッチンに立つ人の性格によりますね。

私にはこのスタイルがあっています。

ただし。

子どもが小さいうちは話が変わるかもしれません。

目が行き届く対面キッチンの方がいいと思います。

写真はイメージです

壁付けキッチンの理由④配膳を楽にしたい

すべてにおいて面倒くさがりの私は、配膳の効率も大きなテーマでした。

対面キッチンの場合、お皿をテーブルに配膳するには、、

(1)お皿を持ってキッチンをぐるっと回って配膳。

(2)カウンターに置いて家族の誰かに配膳してもらう。

いつも(2)ができれば良いのですが、

(1)の皿を持ってキッチンをぐるっとまわってテーブルまで運ぶという動作、

1回で済まないので何度も往復しますよね。

この動作が非常に大変そうに思えたのです。

友人宅のキッチンレイアウトが非常に効率的で。

壁付けキッチンに立って、振り向くと大きなダイニングテーブルがあります。

お皿に盛りつけてくるっと振り向いて、はい、配膳完了。

これはいい!真似しよう!と思いました。

ダイニングテーブルを料理の作業台としても使えるしとても便利そうでした。

ただし。

友人はとてもマメな人でして。いつもキッチンがきれいなんです。

超がつくズボラな私。

ごちゃついたキッチンを見ながら食事するのはちょっと、、、。

そこで、打開策。

キッチンの背面に作業台を設置することにしました。

作業カウンターを置いて壁付けキッチンの目隠しに

壁付けキッチンのデメリットで最初に頭に浮かぶのは

キッチンが丸見えになる、ということでしょう。

そこでキッチンとダイニングテーブルの間に

目隠しの役割も兼ねた作業カウンターを設置しました。

今夜使う食材を置いたり、

作りかけのボールやお皿などちょっと置くのに重宝します。

カウンター下は収納になっていてこれも便利に使っています。

作業カウンターを置くことで、

キッチンから振り向いてすぐテーブルに配膳、という形が叶わなくなりました。

とはいえ、

作業カウンターに置いたお皿はすぐ隣のダイニングテーブルに配膳できるので まぁよしとしています。

写真はイメージです

壁付けキッチンまとめ

思えば結婚して賃貸暮らしの時も壁付けキッチンでした。

ひとり暮らしの時も、

実家も、そう。

生まれてからずっと壁付けキッチンしか知らない私。

それで不満に思ったことがなかったので

新居でも抵抗なく壁付けキッチンを選んだのだと思います。

こんな私なので、対面キッチンと比較はできません。

きっと対面キッチンだって使い勝手は良いはずです。

だからこそ皆さんに選ばれているのでしょう。

壁付けか対面、どちらにしようか迷っている方。

どちらが優れているということではなく、

どんな風に使いたいかをイメージして決めてみてください。

個人的には

お子さんが小さいご家庭は対面キッチンをおすすめします。

ある程度お子さんが成長している方や、

料理=作業だ!と割り切って集中したいタイプの方は

壁付けキッチンも選択肢に加えてみてもいいのではないでしょうか?

全館空調って何?電気代は?初期費用は?メリットとデメリットをお教えします

2021年 01月 28日 (木)

自分の家で実証実験をすることにしました

私は今まで数多くのお客様の家づくりに

一級建築士として工務店経営者として携わってきました。

我が家も5年前の1995年12月に完成しました。

自分の家を建てる時には

「自分の家でしか出来ない事をやってみよう」つまり

「お客様の家では出来ない事をやろう」とずっと考えていました。

お客様の家で出来ない事。それは、「実証実験」です。

すごく気になっていて、評判はいいけど実際に使って

もし、「NG」だったら・・・そんなリスクをお客様には勧められない。

自分で試して本当に良かったら自信を持って勧められる。

本物なら是非採用したい。

そう思っていた設備や仕様はいくつかありました。

その中でも全館空調CCFはコストも大きいので特に試してみたかったものでした。

今回は設置して5年間使ってみて肌で感じた体験内容をお伝えします。

全館空調って何?

全館空調室内機
全館空調の室内機

簡単に説明するなら、1台のツインエアコンです。

エアコンなので冬は暖房、夏は冷房として使用出来ます。

1台の室外機に対して1階と2階に各1台づつ室内機が設置されます。

1階は床面に室内機を設置して床下空間全体を暖める為、

床全体が暖められ床暖房のような心地良い空間になります。

2階は天井裏(小屋裏)に室内機を設置し数本のダクトにより

各居室、階段室、廊下、トイレ等に送られ快適な空間を確保してくれます。

暖かさ、涼しさは?

床下空間全体も高断熱化していれば暖まる速度も速く

電源を落とした後も長時間に渡り、快適空間をキープしてくれます。

家中どこにいても温度差が、ほとんど無く室内環境は安定している為

真冬のリビングでも玄関、廊下、洗面所でも快適に過ごすことができます。

夏も同じように、家中どこにいても涼しい環境の為、とても過ごしやすいのですが

夏のトイレの快適さは格別、私のお気に入りの1つです。

このように家中の気温が安定していると

夏も冬もヒートショックから体を守ってくれるといえるでしょう。

1年中、家じゅう、22~23℃にキープ

我家では寒い冬の間も家の中では半袖です。

理由は2つ

1.室温が22~23℃前後にキープされていること。

2.全館空調の場合は特に家中どこにいても気温差がないこと。

全館空調って24時間ずっと使い続ける必要があると思ってませんか?

勿論、24時間365日ずっと使い続けても良いのでしょうが、

私の体験からすればその必要はないと思っています。

「CCFと高気密高断熱の組み合わせに限って」という前提で、

実際に我家で、どのくらいの時間帯(予約タイマー)に使用しているかお話します。

一番寒い時期(1月~2月)の場合

【1階】全館空調を可動させている時間

朝5時~7時(2時間)

18時~22時(4時間)

早朝は電気代が1/3(深夜料金)なのでとてもありがたいです。

朝7時に切れてからも暖かさは長時間キープされてます。

夕方になり室温が少しづつ下がり

Tシャツ1枚では「ちょっと寒いかなぁ」と感じめる気温は、20℃ぐらいです。

再びタイマーがON(18時~21時)となります。

【2階】全館空調を可動させている時間

22時~1時(3時間)

就寝が11時頃なので予約タイマーを22時~1時にタイマーセットしています。

朝起きる時までずっと暖かいので

「寒くて布団から出たくない」なんて思ったことは

5年間で1度もありません。

暖かいからこそ、パジャマも布団も夏用のものだけで充分です。

もちろん毛布なども必要ないので

1年中マットレス+シーツと夏用の掛け布団だけを使用しています。

余分な話かもしれませんが、

家族全員の冬用の布団1式の収納スペースが要らないし

「洗う必要もなければ買う必要もない」ということ。

これはなかなかのものですよ。 省エネランク「ウルトラC」そんな感じ!! でしょうか。

月々の電気代はいくら?

今年の夏に全館空調を1ヶ月間24時間フル稼働で

電気代は「いくらぐらい掛かるのか」

について実験してみました。

因みに35坪ぐらいまでは全館空調は1セットですが、

2世帯住宅など広いサイズの家では2セット必要になります。

今回は50坪の家で2セットをフル稼働してみました。

全館空調の電気料金は概ね1.5万円/月程でした。

35坪までの1セットならこの半分ぐらい?ではないでしょうか。

それでも決して安くはありません。

だからこそ、私は時間帯を決めてタイマーセットしています。電気料金を節約しています。

時間帯が短ければ電気代も節約できるのは言うまでもありません。

全館空調の欠点デメリット

●電気料金は安くありません。

しかし、高気密高断熱の家の特性を生かし

時間帯を上手に区切って使用出来れば、

電気代を節約しながら快適な生活を維持できるということもわかりました。

●乾燥します。

高気密高断熱の家の中は乾燥しがちです。

全館空調に限らず暖房を使用すれば更に乾燥していきます。

その為、寝室では加湿器が必須となります。

寝ている間、喉の感想には注意してください。

最近は花粉症対策で洗濯物の室内干しをされる方が増えています。

物干しが出来るランドリースペースを希望されるご家族も増えてきました。

我が家も同じで、基本室内干しをしています。

この場合は乾燥をうまく利用できるので洗濯物の乾きはとても早いです。

同時に室内の加湿にもつながるという点はちょっと嬉しいかも。

●初期費用(設置費)が高いです。

全館空調の価格は決して安くはありません。

ただし、「各部屋全室にエアコンは設置したい」

「LDKには床暖房がほしい」となれば

そう大きな金額差にはなりません。

通常のエアコンと違い各部屋だけでなく、

玄関、廊下、洗面、WCまで

家中すべてをカバーしてくれるので

暮らしやすさをトータルで考えれば

その価値は十分にあるのでは(あくまで私の個人的感想です)ないでしょうか。

最後に、最近はいつも以上に家で過ごす時間が増えていると思います。

家族の団らんを楽しむ為には

寒さ暑さ知らずの快適さは

本当にありがたいものです。

IHとガスを使い比べた話

2020年 11月 19日 (木)

IH 対 ガス~調理対決~

新築になって初めてIHで生活することになり
引っ越して初めて『この鍋使えなかったんだ…』はいい思い出です。

まずは良かった点ですが、、、
火が出ないので安心ってのが大きいですね。
小さいお子さんがいる家庭なら心配事が一つ消えると思います。
火事の原因が一つ少なくなります。

凄く実感しているのが掃除がしやすい事。
調理が終わったらさっと拭けるので気合い入れて掃除することが無くなりました。


ガラス面にそのまま鍋とか置けるので、吹きこぼれたりしたのを
『すぐに拭き掃除』できるんですよ。

アルコールスプレー+キッチンペーパーでポイです。


簡単だから毎日でも『嫌じゃない』→きれいな状態が保てる。
だから毎日の習慣になって『大掃除でやるところが減る』。

後は何と言っても『なんかガスくさい』が無くなったこと。
割と消えないじゃないですか。あの臭い。

心配だったのは『火力不足』。


結論、そこまでスキルの高くない『私には影響ない』レベルです。


むしろお湯とかはメチャクチャ早くわきますよ。
温める面が大きいので効率がいいみたいです。


もしかしたらチャーハンなんかをガンガン鍋振りするレベルの人は
ガスじゃないと不満が出るかもしれません。


後は土鍋が使えません。土鍋でご飯を炊く方はガスをお勧めします。

ただし『グリルは少し火力不足を感じます』。


調理終わるまでに時間が掛かります。
もしかしたら私の使い方が問題かもしれないです。

他の心配としては災害時の復旧ですが、

幸いなことにまだ大きな災害は受けていません。


備えとしては卓上のガスコンロは用意しています。

今までのデータからだと電気の復旧の方が早い傾向にあるみたいです。
ガスはガス漏れの危険をチェックするために時間がかかるようです。

調理器具は『IHが平均タイプ』で『ガスが特化型』ってイメージです。


結論としてどちらにもメリット&デメリット有りますが、

IHで特別に使えないって感じたことは無いです。

IH 対 ガス~給湯対決~

変わって給湯の話です。

IHにする場合、松尾工務店ではエコキュートが多いです。
オール電化ってやつです。理由は月々の支払からガス料金が消えることです。


『エコキュートでの給湯は、お湯を作り置き』しておくシステムです。

我が家もエコキュートを使っています。お湯が切れたことは一度もありません。


あと少しでお湯が無くなるよって機械が教えてくれます。
すぐに作ってくれる機能もあります。


なので突然お湯が無くなって水が出てくるような拷問は無いです。
安心してください。
冬場はキッチン+お風呂で、たくさんお湯を使います。
エコキュートさん使用量に合わせて、お湯を作る量を調整してくれるので凄く賢いです。

欠点は突発的な対応に弱い事でしょうか。

基本作り置きですから、例えば突然他の家族がお風呂を使いに来た場合なんかは、
いつもの量しかお湯が無い場合、当然足りなくなります。


お湯出来るまでちょっと待ってもらう必要が出てくる場合があるのは弱点ではあります。

後は設置スペースを取ることです。(70cm角の2m弱の高さです)


お湯をためる貯湯タンクを設置しますので、敷地に目一杯建物建てたい場合は、『タンクがすごく邪魔』です。


実は邪魔なタンクにも付加価値があって、災害時に水のタンクになるんですよ。

(飲み水には適さないですが)


電気来てなくても水は出すことができるので万が一には安心です。
手を洗ったりするのに使えるんじゃないかと。


オプションにはなりますが、薄いタイプのタンクもあります。


ガスの場合ですと給湯器を壁につけるだけです。
凄く省スペース。

ガスだけの特権もありますが~まとめ

余談ですが。

ガスはガスストーブって技があるんですよ。


灯油の代わりにガス栓でOKです。つまり灯油を買いに行く必要は無い。
ストーブ民にとっては冬に外に出なくていいのは大きいです。

さらにはガス乾燥機ですね。
人気の幹太くんを導入できるというメリットもあります。

総括するとどっちが良くて、どっちが優れてるなんてことはありません。


どっちでも快適な生活は出来ます。


なので、選ぶときは完全に好みです。好きな方で良いですよ。

それではまた。