アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

外構工事どうしよう?

2020年 11月 05日 (木)

外構のデザインは2つ

外観は1番見られるところでもあるのでキレイにしたいと思う方も多いことでしょう。

値段の問題もあります。

小さいお子さんがいる方は、道路への飛び出しなどが心配ですよね?

楽しく過ごせて、安心できるのがいいですよね♪

デザインは大きく2つのタイプに分けられます

【オープン外構】

門扉やフェンスなど囲いをせず、開放的なデザイン。

【クローズ外構】

プライバシーを重視し、門扉やフェンスなどを設置し敷地と外をはっきりと分けるデザイン。

みなさんはどんな外構デザインがいいでしょう?

オープン外構

メリット

なんといっても開放感!狭小地でも圧迫感を感じさせず、広く見せることができます。

門扉やフェンスなどを使わないので、工事費用を抑えることができます。

デメリット

防犯を考えると、侵入が簡単にできてしまう。

大きな道路が建物の前にある場合など、小さなお子さんやペットが簡単に敷地外に出てしまう恐れがあるので注意が必要です。

クローズ外構

メリット

周りの視線を気にせず、お庭でのんびりしたりバーベキューをして楽しんだり!

小さいお子さんやペットと遊ぶときも外に飛び出す心配がありません!!

デメリット

どうしても閉鎖的になってしまう。

敷地やデザインにやっては圧迫感をかんじさせてしまう場合も…

外からの死角ができてしまうため、中途半端な防犯対策では逆に侵入されるリスクがある。

門扉やフェンスなどの価格が高いので工事費用が増えてしまう。

費用はなるべくかけたくない!

工事が終わってキレイな新しい家が建った時、地面が土なのは嫌だ…

だけど、費用はなるべくかけたくない。と考える方が多いのではないでしょうか?

地面が土のままだと雑草が生えてきてしまうので、こまめに管理が必要になります。

全てコンクリートを敷きたいところですがお金もかかります。

防草シートを敷き砂利を敷くことで費用を抑えることができますし、音がなるので防犯対策にもなります。

小さい子供がいるからお庭で遊びたい。

けど、飛び出しちゃったりするのは心配…

かといってフェンスなどつける費用もない…

そんな時は・・・

裏庭を作ってみてはいかがでしょうか!!

敷地や建物の形にもよりますが、

敷地が細長い形だったら道路面には駐車場、裏には必要最低限にフェンスは付けなくてはいけないかもしれませんが、人目を気にせずバーベキュー等できますし、お子さんも自由に遊べます♪

駐車場の方は、全てコンクリートにすると費用が高くなってしまうので、

砂利を使ってコスト削減することもできます。

土地を選ぶ時、外構の事も少し頭に入れて選ぶともっと理想の家に近づくかもしれませんね!

外構の予算が足りなくて失敗した話

2020年 11月 05日 (木)

雑草対策が甘かった

雑草のパワーを甘く見てました。
ちなみに草ムシリ後の我が家の玄関先の写真です。


45Lのごみ袋2個分取ってもまだまだ残ってます。
あいつら無限沸きするんですよ。
こんなにも自然がパワフルなんて知らなかった…

松尾工務店の家に引っ越してから丸3年たちましたが、
私が新築して後悔したことは外構に掛ける予算が少なかったことです。

(雑草舐めてました)

当然、駐車場にコンクリート打ってあれば草むしりしなくていい。


さらに、雨の日なんかも泥汚れなんて気にならない

素晴らしい効果付きです。

ですがやはりお金はかかります。
大きい敷地になればなるほど予算アップです。

私はここをケチって砂利を敷くことで良いと思ってしまったんですよ。
草むしりなんて余裕でしょ。そんな風に思っていました。

外構の予算はキッチリ確保してください

春先に引き渡して最初の夏は頑張りました。超がんばりました。


2年目の春に油断しました。
小さいあいつらが芝生みたいで良いなって思ってました。

しかし圧倒的物量(毎日雑草)でぐんぐん伸びて…
さらには抜きにくい奴とかも出現し始めて…無理だって気づきました。

なんでこんなに毎日伸びんの?って考えたんですよ。


敷き詰められた砂利を掘り起こして雑草を抜く

→ふかふかの土になって雑草には好条件の場所になる

→楽園爆誕。
しまいには泥も少しずつ出て砂利の効果がぁぁぁぁ

失敗から学びました。

皆さんにお伝えします。


これから新築をするなら『資金計画』をしっかり立てて
外構の予算も残しておくことを強くお勧めします。


資金計画は土地の予算、建物の予算、借入可能額が出ます。


設備のランクアップだったり家具の為の予算だったりで
外構削る選択って多いと思います。


後からやるからいいよって人もいます。

できる人は良いです。

私は中々お金を捻出できない。外構貯金が貯められない…

同じように思えた方はぜひ予算の確保をおススメします。

ウッドデッキの上手な使い方

2020年 10月 06日 (火)

ウッドデッキ、こんな風に使っています

色んなモノを干しまくる

  • 洗濯物を干す
  • クッションや枕、ぬいぐるみを干す
  • ラグマットを干す
  • 洗ったスニーカーを干す
  • キャンプ道具を広げて干す
  • 野菜も干す

なんでもポイポイ広げて干せるので、 とても助かっています。 特に、泥汚れのものは、 外の水道で洗ってそのまま干せるので非常に便利です。

汚れそうな作業をする

  • やすりがけなど、カスが出る作業
  • 掃除機のメンテナンスなど、ホコリが出る作業
  • 子供の散髪など、何かが飛び散る作業

室内ではやりたくないことは すべてウッドデッキでやっています。

子供が外で拾ってくる 石やら松ぼっくりやらの置き場もウッドデッキです。

日常を楽しむ!レジャー的な使い方

  • ホットプレートで焼肉やお好み焼きをする
  • というか、テーブルを出して普通にご飯を食べる
  • 朝、ウッドデッキでコーヒーを飲む
  • クッションを置いてゴロゴロする

いつも室内でしていることを、

ウッドデッキでするだけで特別感が出て楽しくなります。

子供の遊び場としての使い方

  • 定番!夏のプール遊び
  • 汚れそうなお絵描きや工作はウッドデッキで
  • ハンモックやブランコをつけて遊び場に
  • 宿題もウッドデッキで

我が家では子供たち、

支柱を登り棒にしたり、梁に捕まってみたり

ウッドデッキは遊び場としても大活躍しています。

宿題は、、娘曰く、気分転換になってはかどるそうですよ。(ホントかなぁ)

ウッドデッキをつける際の注意点

ウッドデッキをせっかくつけたけれどあまり使わない、、、

そんな事にならないための注意点についてお話します。

プライバシーを確保する

ウッドデッキをつけるなら、リビングの延長としてくつろぐ場所として使えた方が

より毎日が楽しくなると思います。

そうなると気になるのが人目。

目の前が道路で人や車の往来が激しかったら、、全くおちつきませんよね。

ウッドデッキとプライバシーは両立させないと

結局使わなくなって宝の持ち腐れとなってしまう可能性が。

とはいえ密集した住宅街で、人目の気にならない位置に

ウッドデッキを設置するのはなかなか難しいですよね。

そんな時には木を植えたり、フェンスをつけたり

道路や隣家からの視線を遮るものを考える必要があります。

我が家の場合、

ウッドデッキが完成した時にはまだフェンスがついておらず、

しばらくはなかなか使えませんでした。

屋根や庇(ひさし)をつける

ウッドデッキに屋根があると

天候に左右されないので使い勝手がかなり上がります。

洗濯物を干していても安心。

ちょっとした雨でもデッキでくつろげる。

夏の日差しを遮ってくれる。

(直射日光が当たると立っていられないほど熱くなります)

雨や紫外線から守る役割もあるので

ウッドデッキの劣化を遅らせることができるでしょう。

予算的に可能であれば屋根をつけることをおすすめします。 もしくは、オーニングやシェードでもいいと思います。

外部電源をつける

個人的に電源は必須だと思います。

ホットプレートや電源の必要な工具を使い時に便利です。

冬にはホットカーペットをウッドデッキに敷いて、ご飯食べたりしています。

以上3点を考慮すると

ウッドデッキライフをフルで楽しむことができますよ。

まとめ~ウッドデッキはこんな方におすすめ

毎日の暮らしが特別になるウッドデッキ。

こんな方におすすめしたいです。

  • お子さんのいるご家庭
  • 周りが開けていて山などの緑が望める土地にお住まいの方
  • 自然やアウトドアが好きな方
  • 庭がある方

いかがでしたでしょうか。どんな風に使えるかイメージ出来たでしょうか。

ぜひ生活スタイルに合わせてオリジナルのウッドデッキライフを楽しんでください!