アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

地盤について

2021年 03月 02日 (火)

地盤が弱いと地震で傾く

建物が壊れるのは揺れて崩れてしまうだけではなく、

地面に沈み込んで傾いて住めなくなることも考えられます。

よくテレビで出るビー玉転がるやつです。


簡単な原因を言うと、地面の力が建物の重さに耐えられないのです。

地面の事=地盤ですが、松尾工務店の木造住宅の場合、20kN/㎡以上を確保するようにしています。


これは長期優良住宅の仕様に合わせた形で

1m×1mでおよそ2トンの力に耐える地面の強さになります。

地盤が弱い所は住めないのか?

じゃあ地盤が弱い所は住めないのか?って話になりますが地盤改良をすれば問題を解消できます。

安心の保証付きです。

一番多い改良法は地面の中に杭を入れることです。

軟らかい地盤に固い芯を入れて建物を支える工法です。

ちなみに我が家も直径60㎝の杭が何本か地中で支えてくれてます。

実は分譲地なんかで何区画かある場合、ある区画が地盤OKであっても

隣の区画には改良が必要なんて事もあります。

それは、地面の中に弱いところがあるケースです。

そのような場合には部分的に土を入れ替えるなんて工法もあります

地盤の良いところの探し方

一般的には川の付近は地盤が良いと言われています。

確かに地盤改良が必要な場所は少ないです。

『静岡市 地盤』で検索するとわかると思いますが、実は静岡市、

地盤が良いエリアは多くないです。。

ですが、先ほど書いたように対策があります。

なので住みたいエリアを選んでください。

建物の方は、べた基礎が標準採用となります。

地面に接する面が建物の投影部とほぼ同じになります

先端がとがったものより、平らな方が刺さりにくいのと同じで

建物が沈みにくい基礎を採用しています。

簡単ではありますが地盤の話を書かせてもらいました。
それではまた。

耐震等級に隠れた地震のワナ

2020年 12月 11日 (金)

耐震等級3の家が先に倒壊する?

「次の大地震は東海地方だ。」

「今日、今、こうしている間にも大地震が起きてもおかしくない。」

よく聞きますが、初めて耳にしたのは

たしか40年も前のことだったと思います。

そして現在までに神戸、東北、熊本などで次々に大地震が起こりました。

でも、まだ、東海地方に大地震は発生していません。

いつ起きるのか、わかりません。

しかし、必ず起きることは誰もが知っています。

本当に恐いですね。

大地震が起こる度に

多くの尊い命も失われてきました。

多くの犠牲の上に更なる対策を考え講じてきています。

ただ、地震のメカニズムや地震の揺れが

建物にどう影響しているのかについては

ようやくわかってきたというのが現状のようです。

現在建築基準法では木造住宅に下記のように強さの分類をしています。

●耐震等級1(地震を想定して建てられた普通の家)

●耐震等級2(各部を強固に補強した強い家)

●耐震等級3(各部を更に強固に補強したすごく強い家)

こう説明を受ければ誰しも同じように

耐震等級1よりも2、

耐震等級2よりも3

そう思うのは当然でしょう。

しかし、ある実験で2棟の同じ家を造り揺らしてみました。

片方が耐震等級1、もう片方が耐震等級3

この実験の目的は耐震等級1の建物が大地震により倒壊し

耐震等級3の建物がその強さを見せつけるはずでした。

しかし結果は・・・

予想とは全くの逆となり

出典:千博産業株式会社 制振装置evoltz

耐震等級3が先に倒壊、耐震等級1最後まで耐え抜きました。

なぜ?強いはずの耐震等級3が倒壊し、耐震等級1が生き残ったのか?

誰も予想していなかった驚きの実験結果となりました。

だいぶ前にYOU TUBEに投稿され、ひと騒動ありましたが

あっという間に消去され目にしなくなったのを覚えています。

一番怖いのは「共振」という現象でした

実は各地で起きている地震にはそれぞれ

「揺れの周期」

というものがあり、

建物にもそれぞれが持つ

「固有周期」

というものがあります。

この2つの揺れの周期が重なった場合に

とてつもなく大きな揺れが建物を襲うことになるのです。

耐震等級3の強固な家であっても共振してしまうと

耐震等級1の普通の家よりも早く倒壊してしまう危険があるということです。

では、何をすればよいのでしょか

共振すれば耐震等級1でも2でも3でも何ら変わらないわけで、

安心して暮らせる家にするならば、「共振しない、固有周期の無い家」

そんな家にするしかなさそうです。

免震装置や制振装置を設置すれば、

固有周期が無くなる為、共振しなくなります。

コストの面では『免震』よりも『制振』の方が採用しやすいと言えます。

ただし、制振装置を選ぶ場合は極めて小さな揺れから確実に効果のある

「バイリニア特性」であることが条件と言えるでしょう。

出典:千博産業株式会社 制振装置evoltz

大きく揺れて、はじめて効果が発揮するのでは

その地点で建物は既にダメージを負ってしまうでしょう。

小さな振動から大きな揺れまで瞬時に聞いてこそ

大切な家という財産を守ってくれるといえるでしょう。

建物を倒壊させない、人命を守る、

一番大切なことですが、

震災の後でも、住むことが出来てこそ安心だと思います。

耐震等級という数字だけを追っても共振してしまう、

周期のさほど大きくない地震で倒壊なんて、、

そんなの許せないと思いませんか?

私は絶対イヤですよ。

耐震等級に隠れた地震のワナなんて。

絶対にハマらないようにしてくださいね。