アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

合言葉は「あ・お・い」?

2019年 04月 18日 (木)

こんにちは。WEB担当の川合です。

昨日、子ども達が通う小学校で避難訓練があったそうです。
「どんなことやったの?」と聞くと
「あ・お・い、で命をまもるんだよー」とのこと。

 

私「なにそれ?」

子ども1「あおいの『あ』は『あわてない』でしょー。『お』は、押さない。」

私「『い』は?」

子ども1「『い』は、、、、。あれ?なんだっけ??」

子ども2「いかのおすし、じゃない?」

子ども1「そうだーー!」

私「いやそれ、違う!『いかのおすし』は、何かの標語だ!、、、って何の標語だっけ?」

子ども1・2「うーん、、、なんだっけ?」

 

 

思い出しました。
「いかのおすし」は、知らない人についていってはいけないよ~の防犯標語でした。
(いか:ついていかない、の:他人の車にらない、お:大声を出す、す:すぐ逃げる、し:大人に知らせる)

 

 

学校の避難訓練で教わったのは「あおい」で、こんな意味。
あ:あわてない
お:押さない
い:言わない(しゃべらない)

 

いやまてよ?
子どもたちの幼稚園では確か「おはしも」と教わったような、、?
お:押さない
は:走らない
し:しゃべらない
も:もどらない

 

だからですかね。
「いかのおはし!」だとか
「あおいのおすし!」だとか
こんがらがって覚えている子ども1と2。

 

日本人は何かと語呂合わせが好きですが、はたして覚えやすいのか?
「富士山麓オウム鳴く」を覚えても、それが何なのか思い出せないのと一緒なんじゃ?

 

大切なのは、それをネタにして家族で話すことで
内容をしっかり頭に入れるってことですね。

自分の身を守る大切なことだから、普段から話す習慣をつけようと思いました

«

»