アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

グランドカバーにダイカンドラ

2019年 01月 24日 (木)

こんにちは。WEB担当の川合です。

ブログのネタ、何を書こうかな~と考えていたら思い出しました。

我が家の素人庭づくりの話、もうかなり前に書きはじめてそのままホッタラカシでした。。

(過去記事はこちら→ ★「掘っても掘っても、、、」

 

人柄が出ますよね、、こういう所に。ついでに庭もホッタラカシ中です。

それでもご近所から「キレイにしてるわね~」と言ってもらえてるので

「ホッタラカシでもそれなりに見えるズボラ庭」は成功していると言えるでしょう。

 

成功の秘訣は「常緑のものしか植えない」。これです。

 

今日はその庭の大部分を占める「グランドカバー」について書きたいと思います。

 

グランドカバーの王道といえば「芝」ですが、残念ながら常緑ではありません。

そこで1年中緑を保てる、手入れの楽な、グランドカバーを探しました。

我が家のチョイスはこれ。「ダイカンドラ」です。

同じく常緑グランドカバーで有名な「クラピア」と迷いましたが、

クラピアは花が咲いて蜂など虫が来そう(うちは山が近いので、、)という理由でこちらに。

庭の表面だけ掘って新しい土を1~2㎝ほどかぶせて種をまきました。

2018.6.18 種まき

 

2018.7.25 約1か月後チョロチョロと緑が出てきました

 

2018.8.20 タモとジョウロは気にせずに…

 

約2か月後には小さいハート型の葉っぱでモサモサになりました。

 

問題は冬です。地域によっては枯れてしまうとのこと。

今年、ダイカンドラを植えてからはじめての冬、ご報告します。

2019.1.16

写真左、花壇からエイリアンのように這い出しているユーフォルビアが、

真のホッタラカシを物語っています。

 

 

さてダイカンドラ、一部黄色くヘナっていますが、なんとか体裁を保っています。

今年は暖冬で、ここ静岡市は朝も氷点下になることがめったにありません。

さらに、この庭が南向きで日中は日が当たることも好条件なのかもしれません。

 

デメリットとしては踏圧に弱いところでしょうか。

よく人が通る所はぺっしゃんこになっています。

 

また春が来て、あと数年は様子を見ないと断定はできませんが、

今のところズボラ庭にはダイカンドラにして正解!という話でした。

おしまい。

«

»