アイムホーム松尾工務店

安心を約束する標準仕様

ご家族がずっと安心して暮らせる家ってどんな家だろう。
私たちの考える「安心」の答えがここにあります。

静岡で地震から家族を守る「安心」

耐震等級を上げるだけではダメな理由

耐震等級は1~3まであり、等級が上がると建物は筋交いなどでガッチリ堅くなります。しかし、堅くなればなるほど見た目の揺れは小さくなりますが、建物への衝撃は逆に大きくなり、その後に繰り返しやってくる余震に建物が耐えられないケースもあります。
そこで私たちは、地震の衝撃を軽くする「制振」こそが大切だと考え、全棟に標準で制振装置Evoltz(エヴォルツ)を採用しています。

家族と家を守る「耐震」+「制振」

いくら強固な耐震工法の住宅も、余震のように大きな揺れを繰り返し受けることで、徐々に接合部分には緩み・ヘタリが生じます。制震装置evoltzは、どの制振装置よりも速く効き、より大きく地震の衝撃を吸収。さらに繰り返しの作動でもその性能は落ちることはないので、余震にもずっと効きます。当社では2種類の長さの制振装置を、一番効果を発揮する個所に設置しています。

勝手に省エネしてくれる高断熱の「安心」

その差は歴然、基礎断熱工法

一般的な床下の断熱工法は2種類。当社では暑さ寒さの外気温の影響を受けにくい「基礎断熱工法」を採用しています。床断熱工法では、1階床下は外気温が0℃の場合、1階床下は6℃程度。基礎断熱工法では1階床下の温度は室内温度と比較して1~2℃低くなる程度と、室温とほとんど変わりません。だから冬の暖かさに違いが出ます。

環境に配慮した吹付断熱フォーム

水で100倍に発泡し環境にやさしい「MOCOフォーム」を採用しています。今までの断熱材は、現場でカットしてから躯体にはめ込んでいたので、隙間が生じやすかったのですが、MOCOフォームなら躯体の隙間に沿って発泡するので、高い機密性を確保できます。

さらに「遮熱」で省エネ効果アップ

みなさん断熱ばかりを気にされていませんか?実は、日本の暑い夏には熱を遮る「遮熱」が絶対に必要です。当社では高性能アルミ遮熱シートを全棟に使用。まるで魔法瓶のような効果で、冬は室内の熱を逃さず、夏は外からの熱をブロック。1年中冷暖房の効きがよく、つまりは光熱費の削減にもつながります。

長期優良住宅仕様で永く住める「安心」

長期優良住宅とは?

長期にわたり良好な状態で住み継いで行くために、耐震性、耐久性、省エネ性、メンテナンスの容易さなど、快適で安心安全な基準をクリアした住宅のことをいいます。「質のよい住宅を、大切に長く住み継いでいきましょう」という考え方のもと、国が促進している認定制度です。さらに認定を取得することで、資産価値として有利な他、住宅ローン控除や税制上のメリットもあります。

シロアリ対策の「安心」

自然素材で20年保証

従来の防蟻防腐剤とは違い、自然素材で人に優しい「ホウ酸を使った防蟻剤」による施工です。人体へほとんど害がないので、赤ちゃんやペットのいるご家庭でも安心です。通常であれば5年毎に必要な防蟻処理がいらないので経済的。しかも20年保証が付いています。

静岡県産の良質木材で「安心」

風土にあった木材を使う

柱や土台に使われるヒノキは、富士山の麓で育った富士ヒノキを使用しています。木は家になってからも生きています。静岡の風土と気候になじんで育った木は、家になってもその土地で健康で長生きしてくれるのです。