注文住宅のご検討にも役立つ建築用語集

「じっくり時間をかけて、こだわりを反映させた家に住みたい」と、注文住宅を選ばれる方が増えています。
工務店スタッフとの打ち合わせで、注文住宅設計のイメージや理想をしっかり伝えるためにお役立ていただきたい、家づくりに関する専門用語をいくつかご紹介いたします。

型板ガラス

片面に模様などのデザイン加工が施されていることで、光をしっかり通しつつも視界を遮ることができるガラスで、「曇りガラス」とも言われています。浴室・脱衣洗面室などのプライバシーを保護したいスペースに使用することがおすすめで、外部からの視界を避けたい場所に建設する住宅には多く取り入れられています。

インナーテラス

バルコニーや玄関付近などの外部と隣り合うスペースに設置する、家の中のテラスのことです。
テーブルセットを置いたテラスとしてだけでなく、洗濯物を干したり植物を育てたりと幅広く活用できます。
気温や気候の影響を受けにくい状態で開放感を持たせることができ、季節に左右されることのない用途で活用できるスペースとして人気です。

スキップフロア

「中2階」などと表現されることもあり、フロアの高さを半階分ずらして空間をつくる建築方法です。
活動的なライフスタイルの方や、家族の気配や姿を常に感じていたい方におすすめで、壁や仕切りを減らすことで風通しや日当たりを良くする効果もあります。限られた敷地や価格内でも、デッドゾーンを減らして空間(間取り)を増やせるため、ローコスト注文住宅をご希望の方にも非常に人気です。

耐力壁

自然の猛威による被害が深刻化している現代では、注文住宅に耐力性のある素材や仕組みを積極的に取り入れる方がとても増えています。様々な形式の建物に取り入れることができる耐力壁は、横揺れの地震や、台風などの強力な横風など、建物の横からくる力から家を守ってくれる壁です。こだわりを多分に組み込んだ注文住宅には、様々な箇所に積極的に耐力壁を使用することがおすすめになります。

昭和36年の創業以来、静岡で木造住宅に特化した家づくりに携わってきた弊社では、ニーズに合った高い満足度の家づくりをご提供しております。お客様のこだわりと弊社の技術で、理想の注文住宅を形にしてみませんか?
遮熱住宅や耐震装置などにも力を入れており、静岡市内で比較見学会なども開催しております。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求