長期優良住宅について考えよう

マイホームを建てる際には省エネ住宅や断熱住宅、耐震住宅などの目的に特化した家づくりを計画される方も多くいらっしゃるでしょう。その中でも、環境に優しい家づくりとして近年注目を集めている「長期優良住宅」も忘れてはいけません。政府が普及促進している長期優良住宅の認定を受けるためには、設定条件をクリアする必要があります。

耐震性能

地震の多い日本で家を建てるためには耐震性は必要不可欠な条件です。大規模な地震でも倒壊しにくく損害を防ぐために、耐震等級2以上を満たしている必要があります。

耐久性能

何世代にも渡り住み継がれる住宅は、年月が経っても快適に暮らせるよう、しっかりとした骨組みや構造で高い耐久性能を持たせる必要があります。また耐久性能を高めることは、長期的に安定した資産運用にも繋がります。

維持管理・更新の容易性

耐用年数の短い内装や設備の場合は、清掃・点検・補修・更新などのメンテナンスやリフォームのしやすい家づくりを行わなければいけません。

住戸面積

暮らしやすい住宅にするために最低限の広さが決められています。2世帯の一般型誘導居住面積は75㎡以上となっており、少なくとも1つの階の床面積が40㎡以上であることが定められています。

省エネルギー性能

地球に優しい省エネ住宅であることが求められるため、断熱構造などの環境問題のリスクを軽減する省エネルギー性能が確保されている必要があります。

居住環境

長く住み続ける住宅ですので、周辺地域の町並みに調和する景観や設備などの住宅にすることも重要です。
さらに居住環境の維持や向上に配慮された住宅であることも求められます。

維持保全

マイホームを建てた後もきちんとメンテナンスやリフォームを行うことで、快適に長く住み続けることができ、資産価値も高まります。

静岡近辺にて長期優良住宅を建てたいとお考えでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社ではすべての住宅に安心と安全をお届けするため、制震装置SSダンパーを標準装備しています。高い耐震性と耐久性を兼ね備えており、大切なご家族と資産を守るお手伝いをさせていただきます。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求