建売住宅と注文住宅の特徴

将来マイホームを購入するとなれば、新築か中古にするか悩んでしまいます。また、新築にすると決めた際は、建売住宅にするか注文住宅にするかも悩みどころです。マイホームの購入は一生のうちでも特に大きな買い物になりますので、家族のこだわりをしっかり反映させたマイホームを購入したいと誰もが考えることです。
そのため、マイホームを購入する際は建売住宅と注文住宅の違いをしっかり理解しておくことも大切です。
こちらでは建売住宅と注文住宅の特徴についてご紹介します。

建売住宅の特徴

建売住宅は土地と住宅がセットになって販売されている住宅のことを指しています。建売住宅のほとんどが新築分譲住宅となっており、大きな土地をいくつかに分けて同じ住宅を建てて販売していることも多いです。
また、既に完成している住宅を販売している場合もあれば、建設中に販売を開始する場合もあります。
初めから価格が提示されていますので、資金計画を立てやすくなります。

注文住宅の特徴

注文住宅は建築士やメーカーに設計を依頼して建築を行う住宅のことを指しています。設計や施工をまとめてメーカーに依頼する場合もありますし、設計と施工管理を建築事務所に依頼して施工は工務店に任せるといった方法もあります。
土地を持っていれば注文住宅の建設のみを依頼するだけで良いですが、土地をお持ちでない場合は土地も探す必要があります。

注文住宅の最大のメリットは自由度の高さにあります。建築法の規制を満たしていれば間取りから工法、導入する設備や内外装全てを自分の希望通りに選ぶことが可能となっています。また一から設計を行いますので、建築過程をしっかり確認可能な点も注文住宅のメリットです。
最近では資金を抑える為にローコスト注文住宅で施工することも可能となっています。資金面に不安がある方にも満足度の高いご提案ができると思いますのでぜひご相談ください。

静岡市にて注文住宅の購入をお考えの方は弊社にお任せください。安心で快適な暮らしができる住宅を静岡にて提供しており、システムキッチンや断熱システムバスといった設備から、セキュリティを重視したカードキーシステム、夏場は涼しく冬場は温かい遮熱シートを使用した遮熱住宅など、最新の設備の導入が可能です。
施工事例ページでは過去の様々な施工事例をご紹介しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求