最新の充実装備

アイムホーム松尾工務店の住宅設備は信頼性の高い国内一流メーカー品を使用。建物本体標準価格には、下記の装備品が含まれます。

大型玄関収納・全室照明器具・全居室カーテン・レース・カーテンレール・システムキッチン・レンジフード・大型食器棚・換気扇・吊戸棚・混合栓・給気レジスター・システムバス・シャンプードレッサー付洗面化粧台・洗濯機パン・24時間換気システム・カラーモニターフォン・オートガス給湯器(リモコン2ヶ所)

アイムホーム松尾工務店は、建物本体の性能だけではなく、設備や仕様についても入居される方の住みやすさをテーマに厳選しております。

システムキッチン -systemkitchen-

システムキッチン

人気の対面プランを豊富に品揃え。あなたにピッタリのプランが見つかります。キッチンのめんどうなお手入れが簡単なので、いつでもキレイなキッチンを実現。カウンタートップも人工大理石天板を標準とし、豪華さでも、トップクラスとなりました。また地震やコンロ火災などに、万全の配慮をしています。快適な空間作りに役立つ、便利な機能や多彩なレイアウトにおすすめの収納ユニットを豊富にご用意。使い方や用途に合わせて、キャビネットの組み替えもできます。

大型食器棚 -cupboard-

カップボード

家族の心地よいキッチンをコンセプトに、デザイン性と実用性のバランスのとれた快適空間に仕上げた大型の食器棚。地震などの揺れをも感知し、扉を自動的にロック。収納物の落下や散乱を防ぐ優れもの扉開放防止部品も標準装備です。

断熱システムバス -bathroom-

ハイロ1616

浴槽はもちろん、浴室空間そのものです。まるでリビングのようにくつろげる、安全で心地よい空間へと変わっていく。それが、アイムホーム松尾工務店が提供するバスまわり商品。ゆったりとしたラウンドワイド浴槽で、今話題の半身浴をしながら読書を楽しむなど充実のバスタイムを。暮らしをもっと便利で快適バスタイムを実現させる機能とデザインを盛り込んでおります。又、魔法瓶のような保温性をコンセプトに開発されたフル断熱のシステムバスなので、入浴時間にズレのあるご家庭でも安心です。

洗面化粧台 -syampoo doresser-

シャンプードレッサー
デザイン性のみならず、機能性も兼ね備えた洗面化粧台。深いボールの為洗面台としての使いやすさはもちろん、ベンタム樹脂の為丈夫で安心しておつかいになれます。住まいの環境に合わせてコーディネートすることもできます。オーダーメード感覚で自由にプランできる洗面化粧台なのでまるで家具のようなデザインと、カラーバリエイションで自分流にアレンジすることもできます。


高級断熱玄関ドア-entrance door-

断熱玄関ドア

ウッド調の中でも暖かみあるウエスタン調から木とアルミの異素材の組み合わせからなる斬新なものや、大型モールの立体感が高級感漂わせるデザインと、ひじょうに幅広く、又無機質なスタイリッシュ感をお望みならグットシャープなデザインまでお好みの断熱玄関ドア全12種類より標準設備としてお選びいただけます。

結露防止対策窓

樹脂サッシ+ペアガラス

21世紀の住宅は「電気光熱費の負担を少なくする」ことが求められています。「次世代省エネ基準」を楽々クリアーした最新工法の窓。冬の寒い時期に起こるいや~な結露を防止する為にすばらしい威力を発揮してくれるのもこの窓です。結露の原因は暖かい空気が冷たい金属やガラスにあたり急に温度が下がったりしたときに空気中に含まれていた水分が表面にでてきたものなのです。つまり室内側に樹脂を使い(通常はアルミ)ガラスには空気層をもつペアガラス(複層ガラス)を組み合わせることで急激な温度差をなくすことに成功しました。結露対策バッチリです。防音効果も同時に手に入れてしまいました。

最強のベタ基礎

100年基礎

橋梁工事で頻りに進められている耐震補強工事の技術を応用した革命工法を標準仕様の基礎工事に追加しました。その名も100年基礎、従来のベタ基礎工事ではコンクリートの強度が低いうちに見えないダメージをコンクリートに与えていました。枠ユニットの工場製作により鉄筋の正確な配置と、コンクリート打ち継ぎ目なしの一体打設で、ダメージを与えることなく従来ベタ基礎の1.6倍の強度を実現しました。

夏涼しく、冬暖かい遮熱住宅の秘密

タイペックシルバー外観

デュポン社の遮熱シートは赤外線を約80%遮断しながらも、湿気を逃がし、雨水も通さない遮熱効果を持たせた商品です。従来の透湿防水シートに特殊技術でアルミを蒸着させ、外壁と屋根の内側に施工する方法です。床下通気、外壁通気、棟換気システムと合わせる事で『夏 涼しく、冬 暖かい』 を更にパワーアップし、光熱費を抑える次世代の省エネ エコ住宅として地球環境にも家計にも大きく貢献しています。冷暖房費の概念もガラッと変わります。

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

お問合せ・ご相談

ページの先頭へ

お問合せ・資料請求