アイムホーム松尾工務店

スタッフブログ

ヒートショックに気を付けよう

2018年 01月 15日 (月)

この時期になるとニュースなどで度々耳にする、

「ヒートショック」というフレーズ。

みなさんはご存知でしょうか?

 

私たち住宅業界の人間は、

当たり前のように耳にする言葉なので、

疑問に感じることはないのですが、

そもそも、ヒートショックって何?

という方もいるかもしれませんね。

 

暖房の効いた暖かい部屋から、

冷たく冷え切った浴室に入って、

冷えた体にアツアツのシャワーをかける。

 

「暖かい」⇒「寒い」⇒「暖かい」

 

このような行動で、

心臓に大きな負担をかけ、

失神などの症状を起こすことを、

ヒートショックと呼んでいます。

 

失神なら不幸中の幸いでまだ良いですが、

心筋梗塞を起こしてしまうことも多々ある、

とても危ない症状なんです。

 

 

最もヒートショックが多い県は、

 

1位 香川県

2位 兵庫県

3位 東京都

 

反対に最も少ない県は、

 

1位 山梨県

2位 北海道

3位 沖縄

 

だそうです・・・。

 

北海道が一番多いのかと思っていましたが、

北海道の家は「住宅の性能が非常に高い」ため、

家の中での事故は少ないようです。

 

ちなみに、

静岡県は23位で、

福島県(東北)の次に多いとのことです。

 

そんな怖いヒートショックですが、

アイムホーム松尾工務店の建てる家は、

寒いお風呂とは無縁です。

 

魔法瓶のように断熱施工された家の中に、

さらに断熱されたシステムバスが入っているので、

お部屋と同じ暖かさ。

お湯もなかなか冷めずにエコなんですよ。

 

寒いお風呂はもう昔の話。

きちんと施工された家なら、

寒さを気にせず安心してお風呂に入れます。

«

»